コロッセウムからよむローマ帝国 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062581622

作品紹介・あらすじ

流血の「剣闘士の戦い」、咆哮こだまする「野獣狩り」、そして「模擬海戦(ナウマキア)」…。連日の見世物(スペクタクル)に耽るローマ。その中心が、五万人の熱狂の坩堝コロッセウムだった。皇帝、元老院議員たちは、なぜ「パンとサーカス」を提供したのか?解放奴隷たちがもたらした新たな階層秩序とは?ローマ帝国の縮図=円形闘技場(コロッセウム)を通して、ローマ社会の変貌を描く。

著者プロフィール

学習院大学教授

「2013年 『ローマ帝国と地中海文明を歩く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田誠の作品

コロッセウムからよむローマ帝国 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×