下着の誕生―ヴィクトリア朝の社会史 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.59
  • (3)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062581899

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヴィクトリア時代における女性心理とか社会とかに関する資料をこれでもかとまとめた本。

    それまでのタイトレイシングな世界から徐々に変わっていく話。
    スカートが燃えるとか、ほとんど外に出られないとか拒食症になるとか、
    ぶっちゃけ寒いから脱げないとか。
    そんな時代から、健康的な美とかストーブとか自転車とか鉄道とかレースの量産化とか変わっていく時代に合わせて、の女性目線での意識の変わり方。

  • 卒論のテーマ探しの一環で読みましたが、そのことを差し引いても十分楽しく読めました。
    タイトレイシングの影響すごい!

  • ファッションを軸にして見た19世紀英国の社会史ボリュームを出すため重ね着した下着の重さは3キロを超え、引きずって歩くスカートは掃除機替りになってしまうなど、見ているだけでは分り得ない裏事情満載。いい湯だな?が悪徳となるヴィクトリア朝の思想なども興味深く、面白い。ドロワーズなんか興味ない!という方でも愉しく読めると思います。

  • ヴィクトリア朝の時代背景と対する女性達の思想、その中で下着(コルセット)などの衣装がどのように変化していったかについて書かれている本です。女性達がどんどんと活発になっていて大きな変化のあるこの時代。興味ある方なら楽しめると思います。
    文体も読みやすく、分かり易いのでお勧めです。

  • 優雅な衣装の下は三キロを越える重装備だった!!

  • 勉強中にて。昔の人って大変だったんだなあ。
    でもパンツを一番最初にはいた人って
    天才であるのと同時に
    凄い勇気の持ち主だと思いました。

全9件中 1 - 9件を表示

戸矢理衣奈の作品

下着の誕生―ヴィクトリア朝の社会史 (講談社選書メチエ)に関連するまとめ

ツイートする