ソ連=党が所有した国家 1917ー1991 (講談社選書メチエ)

著者 : 下斗米伸夫
  • 講談社 (2002年9月10日発売)
3.40
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 26人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062582483

作品紹介

二〇世紀最大の政治組織=ソ連共産党がつくった国家でなにが起こったのか?官僚制、大粛清、飢餓、強制収容所…。ナンバー2モロトフの回想を通して、党が国家であった時代の軌跡を辿る。

ソ連=党が所有した国家 1917ー1991 (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モロトフという男を通じてソ連邦
    の歴史を描いてゆく。なぜこいつは妻をスターリンに
    流されても平気なのだろうか。

  • 飢饉は教会と権力の関係をも緊張させた。国家と宗教の分離を標ぼうした革命権力だが、実際内戦期なら教会は抑圧され、聖職者も監視下にあった。
    国家が収容所のような状態になっていた。
    スターリンは人民委員部からユダヤ人を追い出せとその目的を単純に命じた。ヒトラーの機嫌を取ることが目的だった。

全2件中 1 - 2件を表示

下斗米伸夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート・A. ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ソ連=党が所有した国家 1917ー1991 (講談社選書メチエ)はこんな本です

ツイートする