統合失調症あるいは精神分裂病 精神病学の虚実 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (3)
  • (8)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062583169

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者の計見さんのことを、口が悪いけど優しくて、本当に頭のいいタフな知性を持った方だと感じた、現実に即した、とても面白い本だった。

  •  これまで病気に関する本は結構読んで来たつもりですが,この本は久々にワクワクしながら読みました。「ワクワク」したのは,自分が病気について考えていたことについて,腑に落ちない感じがしていたことが解明されたからですし,新しい見方について知ることができたからです。
     統合失調症という病気は健康だと思っている私たちのものの見方や他者との関係の取り方などと深い関係があり,自分の精神的安定性を得るために行っていることとの連続性のなかに病理があるのだということを再確認できたからです。
     統合失調症の患者さんは意味不明で了解不能であるという考え方ではなく,当事者を理解するための考え方が多く紹介されています。

  • 日本初の精神科救急を作った著者による統合失調症論。
    脳科学ー精神医学ー彼/彼女たちに一体何が起きていて何に困っているのか、というのが一つのラインでキレイにつながって見えて大変説得的。
    行為を分解してその完遂を助ける、という発想は実際の援助にも大いに役立つ。

    病気そのものは非連続的ながらも、個々の困り事は普通に経験される十分に了解可能な出来事だ、というのが印象的。

    「行動を準備するという形で現実を作っていく」ということが出来なくなるのが統合失調症だ、というのが著者の見解だけれど、これ、切り口が違うだけで中井先生らと同じ事を捉えているように感じた。

    本人が言う通り口調が強いので苦手な人は苦手かもしれないが、患者さんの事好きなんだろうなというのは伝わってきて悪い気にはならなかった。

  • 研修で社会福祉法人明星会明星学園の施設長宮下智さんが推薦していた書籍。精神分析的な立場で当事者に「関わる側」を分析の対象にしつつ、精神医療の臨床や現場での支援者や援助者の働きかけ方についての講演をまとめたもの。専門性を推し進めつつも当事者主体をどう考えるか、参考にしたい内容。

  • それは知情意ではなく、行動・運動を準備するという形で現実を作ってゆくための脳内の統合が可能でなくなる。これがひとつの答えで、泣く・笑う・抱きつく・吸うという始原からの発達が、エレガンスやエスプリを身にまとうまでにいたるグラデュエーションの最中で起こることどもは、靴下を履くという行為連合に象徴される。(無意識裡の0.5秒前、意識に進入しての0.2秒前、そこから行為の発動までの間にあるストップ・コントロール・ポイント。それが意志と呼ばれるものである?)
    精神医学のベースラインから自我心理学、アフォーダンス、現象学といろいろ出るが、肝心なのは急性期医療の現場から、というリアルなのだろうが、ではリアルとは、それは「患者である」なのか?「患者がいる」なのか?
    こんな問いは有効なのだろうか?

  • 内容が内容だからか、知識のある人でないと理解できない。口が悪くて既存の考えへの反論も多いので、人によって評価が分かれるだろうと思う。

  • 研修で社会福祉法人明星会明星学園の施設長宮下智さんが推薦していた書籍。精神分析的な立場で当事者に「関わる側」を分析の対象にしつつ、精神医療の臨床や現場での支援者や援助者の働きかけ方についての講演をまとめたもの。専門性を推し進めつつも当事者主体をどう考えるか、参考にしたい内容。

  • 医療関係者向けの講演を書き起した本なので、素人にはよくわからない個所がけっこうある。でも面白い。

    精神病の下に存在する人の生きるエネルギーの強さとか、症状の現れ方の個別性とか、病気より人間一般に対して驚かされる本。

  • 分裂というのは何と何との分裂を指すのか、やっと腑に落ちた

  • 病とはなにか、統合失調症とはなにかといった話から始まる。
    独自の視点による著者のストレートなメッセージが印象的。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1939年生まれ。千葉大学医学部卒業。医学博士。
千葉県精神科医療センターの設立に参画、現在名誉センター長。公徳会佐藤病院顧問。精神科救急医療という分野の開拓者で、日本精神救急学会前理事長。著書に『統合失調症あるいは精神分裂病』『脳と人間』『インスティテューショナリズムを超えて』など、訳書に『肉中の哲学』(レイコフ、ジョンソン著)など。

「2018年 『こころは内臓である スキゾフレニアを腑分けする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

計見一雄の作品

ツイートする