聖徳太子の歴史学――記憶と創造の一四〇〇年 (講談社選書メチエ)

著者 : 新川登亀男
  • 講談社 (2007年2月9日発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062583824

作品紹介

「日の本のかやうにあしくなりたるも、皆上宮太子の愚よりはしまれり」-。遺物信仰の対象として熟成した「聖徳太子」に攻撃を加える江戸の知識人。フェノロサ、岡倉天心らの古美術調査がもたらした近代の転回。『日本書紀』の原像にはじまり、現在のコンテクストが成立するまでを描く記憶と創造の物語。

聖徳太子の歴史学――記憶と創造の一四〇〇年 (講談社選書メチエ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この選書シリーズお特異のディスクール論。時代によって様々な聖徳太子像が生まれたというもの。もはや「またか」と食傷気味だが、「〜にすぎない」という物言いをしていないだけ切実な書とは言える。

全2件中 1 - 2件を表示

新川登亀男の作品

聖徳太子の歴史学――記憶と創造の一四〇〇年 (講談社選書メチエ)はこんな本です

聖徳太子の歴史学――記憶と創造の一四〇〇年 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

ツイートする