「弱い父」ヨセフ キリスト教における父権と父性 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062583954

作品紹介・あらすじ

受け入れ、養う。それが父親の役割だ。望まずしてイエス・キリストの父となった聖ヨセフ。聖書にはほとんど言及のなかった一人の「父」がすべての「父」のモデルになったのはなぜか。ヨセフ像の変遷をたどりながら、現代に必要とされている真の父の「ありかた」を考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヨセフがキリスト教世界においてどのように理解されてしたか、また、当初の看過され、揶揄される存在から、様々な時代の要請によって変容し、民衆に支持される存在となっていった過程が理解できます。
    また、脇役の人生を全うし、謙虚と誠実の模範となったヨセフの生き方に学ぶべきところがあると論じます。
    テーマは興味深いのですが、文章が散文的で、話があちこちするので何が言いたいのか掴みづらく、読むのに苦労しました。

全2件中 1 - 2件を表示

竹下節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする