「イタリア」誕生の物語 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062585354

作品紹介・あらすじ

一八世紀末、イタリア半島は小国の集合体だった。サルデーニャ王国、ジェノヴァ共和国、ヴェネツィア共和国、モデナ公国、パルマ公国、トスカーナ大公国、教会国家、ナポリ王国、ハプスブルク帝国領のミラノ公国…。フランス革命の風を受け、統一国家「イタリア」の実現を目指す「再興運動」の激しいうねり。大国フランスとオーストリアの狭間で、いかにして「想像の政治的共同体」は成立したのか?明治日本にも大きな影響を与えた一大政治ドラマを活写する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イタリアのリソルジメント史の通史です。

    歴史的に存在したことのない国家「イタリア」を再興しようというリソルジメント運動は、その起源を「1789年のフランス革命、その自由、平等、友愛の思想と結びついた」ものとする解釈が大勢で、終結は国民国家イタリアの樹立した1861年とされますが、その後も第一次大戦後まで併合は続きます。

    とても面白かった。この気持ちは幕末の本を読んだときに似ています。欲とか野望ではなく、国を思う気持ち。
    『伊太利建国三傑』のマッツィーニは吉田松陰、ガリバルディは西郷隆盛にたとえられています。納得。
    もうひとりのカヴールは、私の気持ちとして大久保利通にしたいです。

    この本の出版にあたって、藤澤房俊さんの姪御さんである藤澤祥子さんが文章チェックをされたとのこと。家族を大事にするイタリアっぽいなーと思いました。

  • イタリア近代史の大家、藤澤房俊先生の一般読者向けの概説書。
    リソルジメントの流れが綺麗に整理されてるが、相変わらず「」ばかりで読みにくい(^^;;笑

    西ローマ帝国が滅びてたから、中央権力が不在になったのが日本と一番違うところかなあ。
    特に南にナポリ王国や両シチリア王国ができたことが南北問題の端緒のような気がする。
    日本でいうところの琉球とかアイヌとかを想像するとわかりやすいけど、それらはあくまで中央権力(幕府や朝廷)への従属の下にあったはず。
    イタリアにはそれがなかったのが分裂状態が続いた原因かなあ。

    2013.7.9(火)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京経済大学名誉教授

「2016年 『ムッソリーニの子どもたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「イタリア」誕生の物語 (講談社選書メチエ)のその他の作品

藤澤房俊の作品

ツイートする