弁証法とイロニー 戦前の日本哲学 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062585538

作品紹介・あらすじ

戦前期、「近代」を問う日本の知識人たちは何を思想的課題とし、何を思考し続けていたのか。田辺元の「弁証法」と保田与重郎の「イロニー」を二つの極に、三木清の「人間学」・萩原朔太郎の「デカダンス」の思想を媒介項とすることにより戦前期昭和思想の思想地図を大幅に書き換える。同時に、ハイデガー・ベンヤミンらと同時代の思想的営為として世界の哲学思潮の中に戦前期昭和の思想を位置づける画期的著作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【由来】
    ・図書館の講談社アラートで

    【期待したもの】
    ・哲学への見通しというか

    【要約】


    【ノート】

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

日本大学工学部教授

「2019年 『3・11以後の環境倫理[改訂版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅原潤の作品

ツイートする
×