知の教科書 スピノザ (講談社選書メチエ)

制作 : 石垣 憲一 
  • 講談社
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062585958

作品紹介・あらすじ

17世紀のオランダの生んだ大哲学者・神学者スピノザの著作は、その進歩的思想により、刊行当時禁書とされました。
18世紀後半になると、「汎神論論争」が起こり、スピノザの評価が大きく変化します。ヘーゲルは、スピノザがあらゆる哲学の出発点となったと宣言し、ニーチェはスピノザに先駆者の姿を見出しています。二〇世紀、フロイトやラッセル、アインシュタインもスピノザを評価しています。二〇世紀後半には、スピノザ・リバイバルが起こります。これはフロイデンタール、ゲプハルトらによる初期の歴史研究、原典研究に依っています。バリバール、ネグリ、ドゥルーズなどの現代思想家たちも影響を受けています。スピノザの思想の重要性は、現代において増大しています。
しかし、スピノザの思想は、ハードルの高いものです。というのもスピノザの思想は、形而上学、精神哲学、認識論、倫理学、政治哲学といった哲学的主題から、宇宙論や心理学、物理学までと幅広いこと。そして主著『エチカ』は、中世後期のスコラ哲学の語彙で書かれ、「幾何学的な秩序で」提示されることからも、大変難解です。
本書では、スピノザの生涯と思想形成をたどり、『エチカ』『神学政治論』『国家論』といった主要著作の概要がつかめるように、おおきくまとめて語られます。スピノザ入門(初級・中級)の決定版です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『エチカ』についてもけっこう詳しく解説してくれているので読みながら『エチカ』を読みたい欲望を刺激された。ので途中で放棄して『エチカ』を読むことにした。

  • 17世紀は数学、天文学など、科学が急速に発展した時代。ニュートン、ケプラー、ライプニッツ、パスカル、フェルマー等、挙げたらキリがないです。
    特にコペルニクスやガリレオ、声には出さずともデカルトが地動説を唱え、地球は世界の中心ではないことを認めざるをえない時代に、神の存在意義を今一度見直そうとしたスピノザが産まれたのは何の因果か、非常に面白い所です。

    ただ、肝心のエチカが入門書とはいえ難解で、スピノザの思想を触り程度しか理解できなかった。

    スピノザは無神論者とイメージが強かったけど、そうではなく神の特質が当時の人々には受け入れられづらいところがあったようです。

    神は感情や目標を持たない。欲望もない。誰かを愛したり憎むこともしない。自由意思を持たない云々。

    …じゃあなんでおるんや…と思いましたが、ヘーゲルやニーチェ等に多大な影響を与え、近代哲学の礎を築いた人には変わりありません。

    また、初期に出版された「知性改善論」の概要も説明されており、こちらの方が一番スピノザ哲学のとっかかりとしては良いかと。

    他の著書や時代背景は分かりやすいので、スピノザ入門書としては良書かと思います。

  • エチカのおすすめの読み方という、表で各章がまとめてあるところが特に便利。

全4件中 1 - 4件を表示

知の教科書 スピノザ (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

ツイートする