精読 アレント『全体主義の起源』 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062586078

作品紹介・あらすじ

近年、注目を浴びることの多い思想家ハンナ・アレント(1906-75年)は、ユダヤ人としてドイツに生まれ、ナチスが政権を奪取した1933年に亡命して、1941年以降はアメリカで活動した。『人間の条件』(1958年)や『革命について』(1963年)、『イエルサレムのアイヒマン』(同年)などの著作で知られるアレントだが、その主著は何かといえば、1951年に発表された『全体主義の起源』であることに異論はないだろう。ところが、全三部で構成されるこの大著の内容を包括的かつ系統的に検討した研究は、不思議なことに、今日に至るまで存在していない。
その理由は何か? それは『全体主義の起源』が体系性を欠いたモザイク状の書物だと考えられてきたからである。そうした見解は、ドイツ語版(1955年)の「緒言」で「まず第三部を読んだほうがよい」と書いたカール・ヤスパースにすでに見て取られる。こうして『全体主義の起源』は、第三部「全体主義」と英語版・ドイツ語版の第2版で付加された終章「イデオロギーとテロル」を中心に議論がなされ、第一部「反ユダヤ主義」と第二部「帝国主義」は個別の話題を恣意的に取り上げるだけの対象にされてきた。その結果、この大著を第一部、第二部、第三部という順序で読む試みは、なおざりにされてきたわけである。
さらに日本について言えば、邦訳がドイツ語版を底本としている、という特殊事情を無視できない。ドイツ語版は英語版の単なる翻訳ではなく、多くの加筆がなされたものだが、そのためにかえって論旨の展開が読み取りにくくなっていると言わざるをえない。
こうした現状を踏まえ、本書は主として英語版の初版を読解することを通して『全体主義の起源』の全貌を初めて明らかにする、画期的な1冊である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『全体主義の起源』はH.アレントの主著のひとつであり(初版は1951年)、20世紀が生み出した最大の災厄、全体主義(Totalitarianism)をテーマにして、全体主義が「結晶」していく過程を考究していく難解(かつ高価)な本です。「いまはとても読める自信がないけれど、死ぬまでに一度は読んでおきたい本」のひとつ。本書はその『全体主義の起源』を約250ページで解説してくれる実に気の利いた本です。

    「精読」と銘打っている通り、本書は『全体主義の起源』の展開に沿って、ポイントとなる箇所を引用しながら解説していくというスタイルです。

    アレントの本はどれもそうですが独特の癖があって読みづらく、結論もなかなか見えません。本書がそのあたりをすっきり解消してくれるかというとそうではなく、あくまでアレントの記述に沿って進んでいきます。一見どっちつかずのアレントの言説は、自説を補強するべく強引に「援用」されることもままあるのですが、本書のアプローチはとても客観的です。

    そういえば全体主義の形成プロセスやその特徴は、現代の「ブラック企業」にやけに似ているような気がしました。"そこでは自律的な存在はすべて否定される"(P.169)、"全体主義の指導者に必要なのは(…)、多層的な運動の中心にあって構成員間の陰謀や闘争を繰る才能である"(P.184)、"考えるというその能力のゆえに、人間そのものが定義上容疑者となる。考えるという人間の能力は、すなわち心変わりの能力でもあるからである"(P.202)。

    著者はあとがきにおいて『全体主義の起源』から安易な教訓を引きだすことを戒めていますが、20世紀に生まれた人間として、全体主義の悪夢に一度向き合っておくことは大切なことだと思います。

    "この内的な強制力は論理の専制であって、これに対抗できるのは何か新しいことを始めるという人間の偉大な能力の他にない。論理の専制は、自分の思想を生み出すときに頼る無限の過程としての論理に精神が屈服するときにはじまる"(P.218)

  • 最近参加するようになった読書会で『全体主義の起源』を読むというので、この本を手に取った。『全体主義の起源』はkindle化されていないし、と心の中で言い訳しながら。

    本書は、アレントの主著である『全体主義の起源』を解説したものである。著者は「アレントのいう「全体主義」とは、ファシズムと共産主義を包括する概念ではなく、それぞれの中から出てくる独特かつ深刻な支配の現象形態を指している」という。「アレントにとって「全体主義」はなによりも「運動」であり、特定の本質に収まりきらないところにその本質がある」ともいう。アレントは、「全体主義の「起源」を扱っているのではなく、全体主義へと結晶していった諸要素を歴史的に説明している」らしい。

    どうやら、乱暴に言ってしまうと、民族主義が全体主義を産んだらしいが、その民族主義の近世の起源は、アフリカの原住民の発見によってもたらされたということらしい。アフリカにおいて帝国主義と人種主義が交わった。このときに「人種」の概念が確立され、その流れにおいてユダヤ人に対する迫害がナチス政権の中で行われたと。

    ----
    アレントが全体主義を分析して得られた現象形態は、現在においてもいまだ有効ではないかと思える。アレントは全体主義の起源において鍵になる「モッブ」という新しい階層を「あらゆる階級の残滓を代表する集団」として定義する。全体主義運動のリーダーの多くはモッブから出てくるという。「モッブはつねに「強い男」、「偉大なリーダー」を請い求める。モッブは自分たちが排除された社会を憎み、自分たちが代表されない議会も憎む」と書く。「モッブ」の組織は不可避的に国民の人種への変形という形を取るだろう、とアレントは言う。

    2016年秋現在、ドナルド・トランプが米大統領選の共和党候補として選任され、多くの批判を浴びながらも意外と思うほどの支持を得ている。そこにアレントの分析から出た「モッブ」の影を見ることができはしないだろうか。トランプとその熱烈な支持者は、移民やイスラム教徒を邪魔者として排斥しようとすることを通して、新しい排他的な「人種」の観念が導き入れられているのではないだろうか。彼のような主張が、ある程度の支持を集めるところに、今後何か懸念すべき点がないだろうか。もう少し洗練された形になれば、より主流の考え方になってもおかしくはない、と思うのは杞憂なのであろうか。


    もちろん、日本においても、だ。


    ---

    『今こそアーレントを読み直す』のレビュー
    http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4062879964

    『ハンナ・アレント』のレビュー
    http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4062922363

全2件中 1 - 2件を表示

精読 アレント『全体主義の起源』 (講談社選書メチエ)のその他の作品

牧野雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
村田 沙耶香
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

精読 アレント『全体主義の起源』 (講談社選書メチエ)はこんな本です

精読 アレント『全体主義の起源』 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

ツイートする