熊楠の星の時間 (講談社選書メチエ)

著者 :
  • 講談社
4.56
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062586337

作品紹介・あらすじ

著者中沢新一氏は、長年にわたり南方熊楠についての考察を深め、多くの論考を発表してきました。1990年代に刊行された『森のバロック』(読売文学賞)、『南方熊楠コレクション』(全五巻)などが、その代表作です。また、「宗教学・人類学・民俗学を綜合して「対称性人類学」で新たな思想を展開しています。また独自のフィールドワークによる「アースダイバー」(『アースダイバー』、『大阪アースダイバー』、『週刊現代』連載中の「アースダイバー 神社編」)新しい知見と感性を切り開く可能性をもっています」(南方熊楠顕彰会の受賞理由を短縮しまとめた)。
2016年の第26回南方熊楠賞が授与されます。
21世紀に入ってから、著者はますます熊楠の重要性を認め、彼の思想の可能性を掘り起こし、発展させるために、2014年には「南方熊楠の新次元」と題する4回の講演・対談を主催しました(明治大学野生の科学研究所)。
本書は、その時の講演「アクティビスト熊楠」「明恵と熊楠」(改題「熊楠の華厳」)に加えて、熊楠の心の構造を探った「熊楠のシントム」、海のエコロジーを探究する「海辺の森のバロック」、本書の全体像を提示する「熊楠の星の時間」を収録した、新熊楠論です。
思想家・中沢新一が提示する、熊楠哲学の放つ強力な火花に驚愕し、目を開かれることになるでしょう。未来を切り開く一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 南方熊楠の思想を西洋の碩学らとの対比で考察した本だが,難しい.第1章では土宜法竜,明恵上人,ラカンらとの華厳経の議論,第3章ではジョイスのフィネガンズ・ウェイク,第4章ではフィリップ.デスコラ,第5章ではレイチェル・カールソンやレヴィ=ストロースが登場し,熊楠の思想との接点が考察されている.第2章は1906年に始まった神社合祀の話で比較的楽に読めた.明治政府は宗教的に酷いことをやってきたのが実感できた.

  • まず小ネタからいくと、掲載されている粘菌の図版を撮影しているのは伊沢正名氏。「くう・ねる・のぐそ(https://www.amazon.co.jp/dp/4635310280/)」の著者で、これまでの人生で一万回の野ぐそをしたことで有名(?)な菌類写真家だ。こんなところで名前を拝見するとはまったく感慨深い。

    タイトルにある「星の時間」とは、それまで蓄積した知識や経験が、まるで星が誕生するときのように一瞬の閃光を放って結実すること。世界の博覧強記も驚かせる博物学者として終生研究に没頭した熊楠にもそのような瞬間があり、真言宗の僧侶・土宜法竜に書き送った書簡の中にそれが現れているという。

    収められている五編すべて口語体でまとめられた講演録。とはいえ華厳、ロゴス、レンマ、淫祀邪教、デラシネ、シントム/シンプトム、ボロメオの環等々、中沢氏お得意のニューエイジ感あふれる単語が飛び交い、ややつかみどころがないようにも読める。

    そこで一貫して主張されているのは、一般の自然科学者が世界=複雑系を西洋哲学的な還元主義で捉えようとしてきたのに対して、熊楠は線的/解析的な思考を離れ、さまざまな思考を越境しながら全体を掴みとろうとしたという事実。そして複雑系の因子をつなぎ合わせる役割を担う「間にあるもの」として、熊楠は粘菌、つまり「動物と植物の間にあるもの」に没頭したらしい。

    途中、ジェイムズ・ジョイスの「フィネガンズ・ウェイク」と熊楠の研究を、精神病理から解放されるための手段としての創作という枠で共通点を見出す記述があり、本文には明示されていないが、両者のアスペルガー傾向が文学と自然科学に新しい地平を導入したという。

    偏執的なこだわり、継続することだけが「星の時間」の到来を呼ぶのかもしれない。モーツァルトにもその傾向がったとか、なかったとか。

    熊楠は日本に初めて「エコロジー(ecology)」という言葉を紹介し、自らの活動でもってそれを実践した人。廃仏毀釈や神社合祀に対して反対の論陣を張ったのも、それによって森を守ってきたコミュニティのユニットが崩壊するからであって、宗教のためではなく自然(内的な自然状態も含む)を守るためであったという。

    著者・中沢新一が二九歳の時にチベットに仏教を学びに行ったのも、熊楠がそれをやりたいと書き残していたからだそうで、少年時代からの憧れであったそうだ。山中に籠って粘菌の研究に没頭しながら、ここまで後世に広く爪痕を残した南方熊楠とは何者か。ひたすら気になってくる。

  • 新聞広告を見て、これはすぐに購入しなければと思って入手。残念ながら、結局、何が言いたかったのか、ほとんど理解できなかった。通勤電車の中で読んでいるからか、私の理解力・記憶力が衰えているからか。「森のバロック」で書かれていたことは何となく覚えているので、熊楠がどういう人物で、何をした人かは本書で再確認ができた。ただ、「森のバロック」以降に中沢氏が発見?したことが本書には書かれているはずなのだけれど、それがいったい何なのかが分からない。「レンマ」の意味するところが分からない。「シントム」と「シンプトム」の違いも分からずじまい。「ボロメオの輪」も何を見たらいいのかわからない。ラカンが分からないのか? 何が分からないのかすら分からない。最終章では、唐突にサンゴ礁が現れる。つながりが分かるようで分からない。私の頭の中は熊楠のダイアグラムのようだ。これまたイロハのイが見つからない。ヘも。ワはクと間違ってる? もう、それでなくても混乱しているのに、誤植とか脱字とかあったらますますわからない。もっとも、それらの文字を見つけたところで、何かが新しく分かるわけでもないが。まあ、明恵の人物像を少し垣間見ることが出来たのは良かった。それと、土宜法竜との手紙のやり取りは機会があれば読んでみたい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

中沢新一(なかざわ・しんいち)
1950年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学野生の科学研究所所長。思想家。
著書に『アースダイバー』(桑原武夫学芸賞)、『大阪アースダイバー』、『カイエ・ソバージュ』(小林秀雄賞)、『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)、『森のバロック』(読売文学賞)『哲学の東北』(斎藤緑雨賞)など多数ある。

「2018年 『精霊の王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中沢新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
田中正人
三浦 しをん
村田 沙耶香
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

熊楠の星の時間 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

ツイートする