発達障害 うちの子、将来どーなるのっ!? (こころライブラリー)

  • 講談社
3.78
  • (7)
  • (6)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062597081

作品紹介・あらすじ

高校・大学への進学、就職、コミュニケーションの方法まで-支援のプロたちにこっそりコツを教えてもらいました!漫画家ママが現場を突撃リポート。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学校までの発達障害についての書籍は随分充実してきたが、中学校以降を対象としたもので普通の親にも読みやすいものはまだなかなか無いのが現状である。そんな中でこの本は、中学から就労まで、コミックでありながらとても丁寧に知りたい情報をまとめている。この本を読むと、小学校までと中学以降は支援の目的も方向性も相当変わってくることがわかる。対象年齢の発達障害の子を持つ親は必読。

  • 漫画で読みやすい。中学校から就職までのサポートが具体的に描かれている。

    ・SST(ソーシャルスキルトレーニング)
    ・受験特別措置(センター試験)
    ・高校での支援(発達障害特別支援教育モデル校)
    ・大学での取り組み
    ・『発達障害の人の就活ノート』(石井京子)
    ・就労支援の現場から
    ・療育手帳
    ・特例子会社

  • うーん。今回はイマイチかな

  • 通常学級に在籍できる程度の発達障害の人を中心に書いてあるので、特別支援だと若干ギャップがあるかも。

  • ADHDの息子をもつママが書いた本。

  • 一冊の本で100人の経験者からのお話をきいた感がある。ききたいこと、不安に思う事が明るくコンパクトにまとめられていて素晴らしい。
    自分の取扱い説明書をつくる、ユニバーサルデザインの教育、大学に入って混乱しやすい事、プロにきく「就職の極意」、就労の現場からなど、親子が自立をめざして生きていくために必要なことがたくさん書かれていた。
    発達障害を取り巻くすべての人が読まれたらいいですね。家族みんなで読むつもりです。

  • すごくよかった。マンガもかわいい。
    子どもや学生向けに描かれてるのかなと思ったけど、働く働きたい大人にもとても参考になると思う。
    魅力的な人がたくさん出てくるし、社会もそんなに大変じゃないかも?かもと希望が持てる。

    特例子会社のことよく知らなかったから、なるほどなーって思ったし、ワークショップでやってることも、知れてよかった。
    いいとこさがしって言葉がいいね。
    語呂もいいし。

    自分の取説作りは、大切なんだなあ。

全8件中 1 - 8件を表示

かなしろにゃんこ。の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする