食物アレルギーのすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

制作 : 海老澤 元宏 
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062597821

作品紹介・あらすじ

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【血液検査が陽性でも、食べられないとは限らない。 専門医が不安と疑問に答える!】

急増する食物アレルギー。
氾濫する情報に保育園、学校、保護者は大混乱です。
「念のため」「心配だから」と除去する食物を自己判断で増やしてしまうと、
子どもの発育をさまたげてしまう危険があります。
「食べさせない」から、「できるだけ食べさせる」へ。
正しい食事管理から緊急時の対応法まで徹底解説します。

【まえがきより】
わが子が食物アレルギーと診断されると、「これからいったいどうなるのだろう」と、親は途方に暮れてしまいます。発症は乳幼児期が多いので、育児の不安があるところにアトピー性皮膚炎、さらには食物アレルギーが加わると大変です。
しかし、幸いなことに乳幼児期には食べるとアレルギーが出ていた食物も、大きくなるにつれて徐々に食べられるようになってくることがほとんどです。自然に食べられるようになることも多いのですが、やはり適切な食事管理の結果、治ることは期待できるのです。
食物アレルギーの食事管理は少しずつ変わってきました。かつては「食べさせないこと」が中心でしたが、今では「できるだけ食べさせること」に重点が置かれています。医師や栄養士のもとで食事管理を慎重に進めていきます。(監修者 海老澤元宏)

【本書の主なポイント】
●赤ちゃんの食物アレルギーは乳児アトピー性皮膚炎と合併しやすい
●乳幼児期に発症した食物アレルギーは自然に治っていくことが多い
●自己判断は厳禁。念のため、心配だからと除去する食物を増やさない
●正確な診断には「食物経口負荷試験」が必須
●受診先選びは小児科をベースにしたアレルギー専門医に
●給食だけではない。保育園・学校の注意と対策
●運動することで起こるアレルギーは5時間目の体育が要注意
●いざというときにあわてないアナフィラキシーへの応急処置
●エピペンを使うべき状態を知っておく
●食物別の注意ポイント= 鶏卵、牛乳、小麦、大豆、ピーナッツ・ナッツ類、ごま・いも類、そば、果物・野菜、魚、甲殻類、肉類

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 493.931-シヨ 300364650

  • 初心者(食物アレルギーに関してあまり知識が無く、どうしたらよいかわからない人)向けの本。

  • 食物アレルギーに関するー症状・原因・対策・医療機関・教育機関・自治体との連携など記述。

    アレルギー アレルギー専門医への受診とかかりつけ医との連携→患者・家族へのバックアップ体制を強化する。

    正しい情報を知り、「食べさせない」から「できるだけ食べさせる」へ という本著の方針に共感します。

    気になった点は、
    ・エビペンの使用例を充実して欲しかった
    ・教育機関との連携ー日常の膨大な仕事に追われている教職員と管理栄養士、同級生への周知と対処法などを徹底することの難しさ
    ・当事者の意見や家族の思いを載せてほしかった
    など

    情報機関
    ■社団法人日本アレルギー学会
    ■日本小児アレルギー学会
    ■食物アレルギー研究会
    ■公益財団法人日本アレルギー協会
    ■消費者庁(アレルギー表示に関するパンフレット)

全3件中 1 - 3件を表示

食物アレルギーのすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする