はいからさんが通る(1) (講談社漫画文庫)

著者 :
  • 講談社 (1995年6月2日発売)
3.84
  • (150)
  • (106)
  • (209)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 906
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・マンガ (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062600866

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 母がもっていて読んだ作品。忘れた頃にまた読みたくなる。紅緒の一途な想いがすごく感動できます。

  • すごく好き!

  • 袴に憧れるきっかけになった漫画だと思う。紅緒は面食い過ぎかなあ。でもみんな性格もいいけど。

  • 1度読んでみたかった^^
    古い漫画って好きです。お姫さんかわいいよ……っ
    借りたのは愛蔵版だけどみつからないので代用。

  • 【M】

  • 昔の漫画は面白いなぁ。

  • エネルギッシュでトラブルメーカーな紅緒さんが主人公の大正時代が舞台のラブコメ。この袴姿に憧れました!!70年代に宝塚で舞台化、80年代には映画化されましたよね。

  • 基本ラブコメなんだけど甘いだけじゃおわらない。ちゃんとリアルに世知辛いとこも描かれてて、だからこそラストに泣ける!
    蘭丸がとてもすきです^p^

  • 母様が子供の時に買ったコミックスが見当たらないので古本屋で購入ww
    今見ても綺麗な絵ですよねー

    追記:買ったら出てきた。

  • 高2の時爆発的に流行った。
    で、結局最後どうなったか忘れた・・・。

全121件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1948年札幌市生まれ。66年に『どろぼう天使』で「週刊少女フレンド」よりデビュー。    77年『はいからさんが通る』で第1回講談社漫画賞少女部門受賞。代表作に『あさきゆめみし』『N.Y.小町』『ヨコハマ物語』ほか。現在「BE・LOVE」にて『イシュタルの娘』を連載中。    2016年に画業50周年を迎えた。

「2018年 『小説 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大和和紀の作品

ツイートする