巨人の星(10) (講談社漫画文庫)

著者 :
制作 : 梶原 一騎 
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062601139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中日に行った伴くんに大リーグボール2号を打たれそうになったり、結局は阪神の花形くんに打たれちゃったりで、もう心身ともにボロボロな飛雄馬くん。
    生まれ育った懐かしの長屋も取り壊されて完全に行き場を失いかけていました。

    しかし、なんでここまで追い込まれちゃうんだろうか。
    人生、楽しんでる?

  • 熊本などを舞台とした作品です。

  • 伴、中日移籍→伴対消える魔球→消える魔球、花形に敗れる→お京との出会い、まで。展開が現代風になってきてテンポよく読めるようになってきた一方で、花形のその策、消える魔球を打ちはしたけど破ってはいないだろ、というツッコミどころも。

全3件中 1 - 3件を表示

川崎のぼるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

巨人の星(10) (講談社漫画文庫)に関連する談話室の質問

巨人の星(10) (講談社漫画文庫)はこんな本です

ツイートする