Dr.クマひげ (1) (講談社漫画文庫)

  • 講談社 (1998年12月発売)
4.27
  • (9)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 37人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062605076

Dr.クマひげ (1) (講談社漫画文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • めっちゃ感動します。
    知り合いに貸して感動して泣いていたのを鮮明に覚えています。
    マンガで泣いた人を見たのはこの作品が初めてですねぇ^^

    ってあんまりハードルあげてもアレなんですが・・・

    でも色々な「医者」マンガはありますがこの作品はめっちゃ昔の作品です。

  • 1話終わるたびにジーンとくる。ブラックジャックによろしくより、医龍より、お医者漫画では個人的に一番響きました!!

  • 医療ものは、漫画も小説もどっちも、おもしろい。
    探し回って手に入れた一品です(笑)

    所有してるのは、普通のコッミクのほう。

  • とにかく「この男」は「熱い!」
    そして「人のために泣ける男」
    声を押し殺して涙した初の漫画です

  • 父親が揃えていたので、小さい頃からこの手の漫画がたくさんあった。その中で、未だに読み返す数がいちばん多い作品。
    男性も女性も表情が魅力的だし、お医者さんを信じられるような気になる。ひとつひとつのエピソードも素敵で、あたしは『くまのおいしゃさん』の話がいちばんすきです。何度でも泣ける。

  • 私が買ったのはコンビニに売ってる、KPCプラチナコミックminiのほうでしたが、なかったのでコチラの文庫版で。<br>
    表紙のクマ先生にズキュゥゥウンとやられて思わず衝動買い。もう、クマ先生、好みすぎる!!しかし、おもしろ半分に買ったのに、中身が思いのほか感動モノだったので吃驚。しかし、一番の疑問は、これだけイイ先生がいるのに何故先生のところが貧乏診療所なのか、というところだ。

  • 生活の舞台が同じ新宿だから余計に臨場感がある 名言もたくさんあり よくなかされました

  • 滝田さんが主人公のクマヒゲ先生というお医者さんを演じたTVドラマの原作マンガ、全4巻。好評でシリーズ物になったドラマです。

全8件中 1 - 8件を表示

史村翔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Dr.クマひげ (1) (講談社漫画文庫)はこんな本です

ツイートする