ゴリラーマン (1) (講談社漫画文庫)

  • 講談社 (1999年10月発売)
3.68
  • (13)
  • (10)
  • (30)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062606479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好き!

  • 最終巻最終話の最後なんかちょっと感動する

  • この時代ヤンキー漫画はいっぱいあったけどこれは毛並みの違う作品だった
    絵はあまり上手くないけどストーリーは面白かったなぁ

  • 高校生の時、男子の間で流行ってた。ゴリラーマンしゃべんないんだよな。そして超ケンカ強い!!オモシロイ。

  • ゴリラーマンが、カロリーメイトドリンクが好きだっていう設定が大好き。
    ハロルド作石の漫画で一番好きかも。
    ドラマにならないかなぁ。

  • ワケあって白武高に転校してきた池戸は顔がゴリラににているからという理由でゴリラーマンと呼ばれる。
    ゴリラーマンは力が誰よりも強いよ。
    結構おもしろいマンガ。

  • 不良。笑い。友情!?
    ラストまで読むべし。

  • 爆笑できる数少ない漫画。

  • 一番影響を受けた漫画です。

  • 最高のマンガ。だまされたと思って読んでみよう!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ハロルド 作石(ハロルド さくいし)
1969年生まれ、愛知県春日井市出身。1987年、第17回ちばてつや賞優秀新人賞を受賞。(『そうはいかん』作石智祥名義)。1990年、『ゴリラーマン』で第14回(平成2年度)講談社漫画賞一般部門受賞。2002年、『BECK』で第26回(平成14年度)講談社漫画賞少年部門を受賞し、テレビアニメ・映画化される。その他代表作に『ストッパー毒島』『RiN』、そして『7人のシェイクスピア』がある。

ゴリラーマン (1) (講談社漫画文庫)のその他の作品

ハロルド作石の作品

ツイートする