スポットライト (1) (講談社漫画文庫)

著者 :
  • コミックス
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062609159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生の頃、夢中になって読んだマンガ。里中先生もまだ絵がお若く、きらきらしてはいるのだがヒーローとヒロイン以外はかなり手を抜いている感じもあるけどとにかく主人公格が文句なくきれい。
    残念ながらラストなどは忘れてしまったんだけど、いまちょこっと読み返すと、ガラスの仮面にかなり影響を受けているような・・・
    「とくに横顔がきまるな」というセリフが未だになぜか印象に残っていて、自分でも横顔を描くのが好きだったので「里中先生も横顔が描きやすいんだろうなあ」などと、とんでもなくナマイキなことを当時思っていた記憶があります。

  • 家は貧しいが歌手・女優にはるべく育てられた望。母親は自分が果たせなかった夢を望に託していたのでした。華やかなスポットライトの光と影、成功と挫折を味わいながらも、一度スポットライトを浴びた者はその魅力から逃れられない。望と母親との葛藤、ライバルとの争い、恋愛。正統派の少女マンガです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

里中 満智子(さとなか まちこ)
1948年、大阪市生まれの漫画家。大阪芸術大学教授。
1964年に第1回講談社新人漫画賞を受賞、16歳でデビュー。そのため、大阪市立桜宮高等学校を中退する。
日本書紀からギリシャ神話まで、スケールの大きな物語を数多く手掛け、漫画や文化の普及に向け多くの活動に関わっている。
代表作として『天上の虹』『海のオーロラ』『アリエスの乙女たち』『あすなろ坂』ほか多数。1972年『あした輝く、姫が行く』で講談社出版文化賞、1982年『狩人の星座』で第6回講談社漫画賞、2006年に日本漫画家協会賞文部科学大臣賞をそれぞれ受賞した。

里中満智子の作品

スポットライト (1) (講談社漫画文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする