フリーク・ザ・マイティ―勇士フリーク (ユースセレクション)

  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062616515

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 190センチもの巨体をもてあます学習障害のマックス。
    おそろしくキレる頭をもちながら骨の発育障害を持つフリークことケビン。

    マックスがケビンを肩車することによって、
    勇者フリーク、フリーク・ザ・マイティが誕生する。

    2人の友情が深まる様子に温かい気持ちになるが、
    後半マックスの父親の登場で一気に恐怖へ。
    この父親、クズの見本として、とてもリアリティがあってめちゃくちゃ怖い。

    最後のケビンの辞書が素敵。
    落ち込んだ気持ちを優しくなだめてくれる。

    かなり好きな物語。

    ただこれは訳者の問題だろうと思うけど、
    文体がマックスらしくない。
    スマートすぎるのかな。
    原書を読んでいないのでなんとも言えないのだけど。

    読んだ人の心の中にケビンが住むようになる、そんな本。

  • ずっと読みたかったんですが、やっと見つけた。
    これは泣けます。


    小さい時に目撃した事件から自分の中に閉じこもっていた、身長が190㎝のマックスは、
    障害があり、幼稚園児ほどの身長70㎝、でもとても頭がよいケビンと出会う。

    一緒に花火をみにいくことになり、そこであることから、マックスがケビンを肩車して、『勇者フリーク』として、共に行動することに。

    そして刑務所にいた父親が現れて・・・


    マックスとケビンの友情の話なんですが、
    二人が出会ったことによって、世界をみおろしながら歩くことができた、良かったねーって。
    父親が現れたときは、どうなるんだろーって
    本を読む手を止められませんでした。
    意外な展開になりますね。

    そして結末は悲しい。。泣かずには読めませんでした。

    巻末に『フリークの辞書』が載ってるんですが、
    それが面白いです。

全3件中 1 - 3件を表示

斉藤健一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×