なんでも屋大蔵でございます (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (13)
  • (22)
  • (70)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 264
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  大蔵さんの口調が好き。

  • 岡嶋作品らしいハートウォーミングな作品だが、少し淡泊過ぎるか。

  • 面白かったです。なんでも屋の大蔵さんが、事件に遭遇したときの話をしてくれるという話です。最終的に大蔵さんが事件を解決します。短編集で五話の変わった事件があります。
    岡嶋さんの小説は全部おもしろいです。それがあふれていたのが、宮部みゆきさんの解説です。講談社版は再収録?なので、この本が最初に出されたときと今回の2種類の解説があります。チョコレートゲームあたりは読んでから解説読んだ方がいいかも。解説読みながら、ウンウンとうなずいていました。

  • 2016年46冊目。
    岡嶋二人の短編集。
    あたしはこの語り口、嫌いじゃない。短くても謎解き部分はやっぱり面白いしほろっとする部分や思わず笑ってしまう部分もあってあっという間に読んだ。続編あるのかなーと期待してたらこの1冊のみらしい。残念。

  • なんでも屋に持ち込まれた依頼から事件に発展するという連作短編集。短い話ですけど、トリックはよくできていると思います。主人公の大蔵のキャラも好きです。最後に家族が増えましたっていうのもよかったです。
    大蔵の語り口も軽妙で読みやすいのですが、結構大きな事件になっているのにどこか軽くて、そのせいか印象に残りにくいですね。読んでる時は面白いんですが。

  • 徳山諄一と井上泉(現・井上夢人)による共作作家とは知らなかった。古いものらしいのに、読むのになんら不都合なかった。逆に面白かったなぁ。しっとりとしたミステリーかな。ハデじゃないけど、謎解きがあって、まず太蔵さんの話口調が丁寧で気に入った。シリーズ化されていないのは、残念。

  • 岡嶋二人にしては珍しい短編もの。

    半七捕物帳ちっくで主人公大蔵が昔を回想して事件の話をする構成。なかなかユーモアがありほのぼのとする。最後には犯人と疑われた前科者を大蔵が雇うなど心温まる感じ。続編が無いのが残念。

  • 「クラインの壷」で岡嶋二人さんを知り、そのイメージで読んでしまいました・・・。
    普通の短編推理モノでした・・・。
    短編だし、読みやすいし、時間潰しにはピッタリです。

  • 宮部みゆきさんの解説がいつもながら最高。連作短編としてはキャラで持たせてる感あり。岡嶋二人は長編の方が向いてたのかな?

  • なんでも屋に持ち込まれた5つの事件を大蔵さんの視点で語ってくれる作品。

    短編みたいな感じで読みやすいです。

    人情サスペンス☆
    ほっこりします

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岡嶋 二人(おかじま・ふたり)
徳山諄一(とくやま・じゅんいち 1943年生まれ)と井上泉(いのうえ・いずみ 1950年生まれ。現在は井上夢人)の共作ペンネーム。
1982年『焦茶色のパステル』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。86年『チョコレートゲーム』で日本推理作家協会賞を受賞。89年『99%の誘拐』で吉川英治文学新人賞を受賞。同年『クラインの壺』が刊行された際、共作を解消する。井上夢人氏の著作に『魔法使いの弟子たち(上・下)』『ラバー・ソウル』などがある。

「2021年 『そして扉が閉ざされた  新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡嶋二人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

なんでも屋大蔵でございます (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×