眩暈 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (87)
  • (184)
  • (346)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 1408
レビュー : 128
  • Amazon.co.jp ・本 (708ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630795

作品紹介・あらすじ

切断した男女の死体が合成され両性具有者となって蘇る。窓の外には荒涼たる世界の終焉の光景が広がっているばかりだ。「占星術殺人事件」を愛読する青年が書きのこした戦慄の日記がさし示すものは何か。醜悪な現実世界に奇想の作者が驚天動地のトリックの矢を放つ。ミステリの新たな飛翔を決定づけた傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大学2年から数十年ぶりに読み返した今回は、分析的な読み方を心掛けた甲斐もあって、数々の粗、都合の良さや強引さが目立った。

    致命的なのは、インドネシアで殺人を犯す事に、実は何も必然性がない事。これは正に発見だった。
    魅力的な謎の創造のために登場人物が踊らされてしまったのだ。これは作者の傲慢さ以外何物でもない。

    しかし、数十年経っても色褪せぬ内容と、抜群のリーダビリティは確かに存在した。
    読者を愉しませんがための過ちと受取ろう。

  • 再読。未亡人との濡れ場はなんだったんだ...。

  • 最初の百数ページがとても怖かった。不気味でグロテスクで、わけがわからなくて怖い。『占星術殺人事件』を愛読する青年が記した妄想としか思えない手記の内容が、御手洗の推理によって現実味を帯びてくる。提示される謎のうちのいくつかは、じっくり考えれば読者でも解答に辿り着ける。色々な可能性を自分なりに考えるのが楽しかった。石岡が江ノ電に乗って調査に向かう場面が好き。数年前に旅行で訪れた、鎌倉の独特の景観が懐かしい。

  • <ネタバレ有り>
       


    ++++++++++++++++++++++++++++++++



    御手洗シリーズ。以前ハードカバー版で読んだものを文庫版で再読。
    眩暈。まさに眩暈。やっぱり読んでてくらくらきました。
    古井教授の難解な講義の後の石岡君の「聞いていて意味が十分の一も解らなかった」という一文によってもたらされる安心感がすごい。
    初読時どうしても理解できなかった部分があって、今回はその辺りをじっくりと読んだつもりなのですが、やっぱりわからない部分もありました。香織お母さんの胸が小さい云々のくだりは文庫化にあたって最後に加筆されていたので理解しましたが、結局未亡人を襲った両性具有者は一体だれだったかという謎は残りました。解説にもあったようにその辺りは読者の想像にお任せという感じなのかな。
    その解説ですが、つまらなすぎてびっくりしました。難しい言葉を並べてるだけで意味がさっぱりわからず、長いので読み飛ばしてしまいました。解説が本文より難解って…。解説までを含めて1冊の本だと思うのでちょっと残念。

    眩暈の御手洗のエキセントリックさには息を呑むものがあります。そんな御手洗に付き合いきれる石岡君も只者じゃないとあらためて思いました。

  • いきなり、大きい字の子どもの手記から始まってちょっとぎょっとした。
    叙述トリックなんだろうなあ、これどうやって実際にあったことになるんだろう、と最初から思いながら読んだけど、分かったのはひとつだけだった。

    隠された4階っていうのはわくわくする。
    でも内情はかなりグロテスクで、なんていうか、耽美みたいなのが足りなくて残念。

    御手洗が石岡くんに対して酷い。
    石岡くんも御手洗に対するトキメキ?がなくなった風だけど、それより御手洗が酷いし、藤谷を出しちゃったら石岡くん要らなくなっちゃう


    別に面白かったんだけど、なんとなく後味が悪い。

  • 最初意味わかんなかった
    知性が退化してるぅ( ´_ゝ`)

  • 「占星術殺人事件」を愛読する青年の戦慄すべき日記。そこには荒涼たる世界の終焉が広がり、切断された男と女が合成され両性具有者となって彼に語りかける。醜悪な現実と蠱惑の幻想世界が今、驚天動地のトリックによって大いなる融合をはたす---------新たなミステリーの空域を雄々しく飛翔する島田庄司の圧倒的傑作!

    -----
    背表紙に書いてあった上記の文章を見たら読まずにいられないでしょう、ヤッパリ。あまりにも突拍子なく強引な推理展開。でも面白かった。細かい部分が結構そそる。

  • いや、むちゃくちゃですよほんと、ややグロな

  • 自身の「本格ミステリー宣言」を強く意識して書いたのが本作のようです。

    その作風とは、より「詩美性」「幻想性」のある謎の提示と、「精緻な論理的推理」による謎解きがベースになるものの、従来以上に論理性と幻想性サイドを強調すべきとする。

    そして以上の経緯が書かれた、綾辻行人氏との対談を含む「本格ミステリー宣言Ⅱ」中の「眩暈が内包していたもの」では次のような話が。

    この対談後にあった時綾辻氏が自身の次作のトリック構想について語ったらしく、それが島田氏が10年来温めていた構想(「眩暈」)と同じアイディアだったことから、慌てて本作を書いて発表したらしいのだが、もしそうなら、島田氏も正直に綾辻氏の構想を聞いた時に自分も同じ構想を持っていると言うべきでした。

    結果的には綾辻氏の作品(発表年から推測すれば「時計館の殺人」だと)は「眩暈」よりも数か月先行されて発売されたようなのですが・・

    では、本作の感想です。

    長い。

    そして、精神異常者(手記を書いた人間ではない)が真実を語ったようにみせる手法はトリックとしては最低です。

    これなら、どんな不可能な状態も創造できます。

    どう考えても、彼が宣言した論理性を重んじる本格ミステリーとは程遠いやり口です。

    野崎六助氏の解説も難解です、というかミステリー小説を1冊読むのにこんな予備知識を必要とされること自体が興ざめです。

  • いやはや凄い。どう考えても現実とは思えないことを論理的に説明していく。御手洗がこれは事実だと気づくきっかけとなった渦巻きの考察も素晴らしい。なぜ乾燥機がついているのかとかなぜレモンを香織が絞ってあげたのかとか細かいところが全て一つの真実を構成する要素だったなんて。これぞ本格ミステリ。

    島田さんの著作は、絶対リアルとは思えない摩訶不思議で非現実的な物事を僅かな隙間から論理で崩していく作品が多い。しかし、それらの中でも特に今回の事件は本格性を強く感じた。

全128件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年広島生まれ。武蔵野美術大学卒。『占星術殺人事件』での衝撃的なデビューから現在まで日本ミステリー界の旗手として傑作を多数刊行。同時に新人の発掘にも力を尽くしている。現在その読者は世界に広がる。

「2020年 『改訂完全版 毒を売る女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田荘司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

眩暈 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×