国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (685)
  • (1110)
  • (2177)
  • (197)
  • (45)
本棚登録 : 9757
レビュー : 865
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに村上春樹を読んだけど、やっぱり文章が上手い。大人になって再開した二人は、もう子供の恋愛ができない。
    肉体か精神か。

  • ひと言でいえば、不倫の話なのかもしれない。でもそれだけではもの足りない。主人公の男に関して言えば、足りない何かを相手に求めていた。相手の女はどうだったのだろう。
    ハラハラドキドキするような展開ではなく、心の深いところの話だったのだと思う。

    あまり現実味のない物語という印象だったけれど、流れに身を任せているような、特に大事件が起こったわけではないような、時間の経過が自然っぽいところが、逆に現実的であるように感じられた。
    不倫の物語を読んでいるはずなのに、なぜだか落ち着く心地がした。

    主人公がバーを経営いるのも大きな要因だったと思う。二人の会話は常に落ち着いていてムーディーな雰囲気が漂っていた。生演奏で流れていると描写されていた曲を実際に聴いてみたらとてもよかった。
    読んでいて一番思ったのは、こんな素敵な場所に行ってみたい……ということだった。できれば不倫以外でいつか。

  • 読み進んでいくうちに、ある程度予想はできる最後。
    村上春樹らしい主人公、ストーリーで、結局不明なことも多く大きな驚きはない。
    村上春樹の本を読んだなぁというかんじ。
    この本の登場人物はそれぞれみんな苦しい思いをしていて、これからも心から幸せにはならないだろう。
    生きていくって苦しいよねって思った。

  • 心にズドンと来た小説。
    男の人の本能のどうしようもなさとその魅力を感じた。
    時は残酷。

  • 今まで読んだ村上春樹の小説の中で、最も受け容れられなかった。


  • なぜかはわかりませんが、日中戦争、ノモンハンでの出来事についての作品だと思ってました。
    実は、この本はいつもの村上春樹作品でした。

    舞台は東京。取り柄がないと思ってるけどまあまあモテる主人公、超美人な思い出の人。なんだかんだ成功して暮らしていた主人公の前に思い出の人が現れる。

    少年の頃の憧れ、初恋を引きずり、引きずり、そして最後に結ばれるが、失われてしまう。

    大人になったら、初恋のことなど忘れるべき。そして自分とは何者かを考えないようにするべきなのか。

    そんなことは考えずに暮らしている自分と比較してしまう。
    考えない方が幸せなのかな、、、。

  • 人に勧められて、読んでみました。

  • 過去を引きずったある中年男性の恋愛物語。
    村上作品は作中では音楽が流れていていつも味わい深い。
    彼の表現は個人的にいつも心のヒダを抉られる。
    自分の中では彼の色彩はいつだってモノトーン調。
    最後までゆっくりと味わって読めた。

  • 新海誠の小説 秒速五センチメートルの下敷きになっているような気がした。36歳になった時にもう一度読みたい。

  • 小説

全865件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする