国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (685)
  • (1110)
  • (2175)
  • (197)
  • (45)
本棚登録 : 9754
レビュー : 863
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイラの本棚に一生置いてあるはずです。初恋の人に会いたいな!

  • 苦手な方の春樹作品でした...。
    最後の夜明けの青色の描写など、所々の情景描写はさすがの美しさでした。

  • どうしても、僕のことが好きになれない。
    男の自分勝手だと思う。昔の恋人が自分のことを思い続けていてほしい(しかも自分だけを!)また、自分によってついた傷を未だに負っていてほしい。でも僕には帰るところがある。女はそんなに弱くないし、優しくない。バカじゃない。
    ナット キング コールの音楽だけが救いだった。
    2018.9.15

  • ブンガク
    かかった時間115分

    この作品は、以前から自分のなかで、村上春樹の作品のうち、上位に位置づけられている作品だ。
    一人っ子の主人公が、同じく一人っ子の女の子と出会う。彼らはやがて離れ離れになるけれども、長い孤独な時を経て家庭を築き、幸せに暮らしている主人公のもとに、かつての女の子が美しい女性となって現れる。

    まあ、身もふたもない言い方をすれば不倫の話だが、少年時代に交わした会話や、特別な曲について、自分の世界を作ることについて、ヒステリア・シベリアナについて、交わされる言葉が印象的で物悲しい。

    村上春樹の作品には「どうしようもないこと」がよく出てくる。本人が望むと望まざるにかかわらず、むしろそれを避けようと動けば動くほど、それに近づいてしまうようなことが。それを村上春樹は、その人に生まれつき(もしくは後天的かつ不可逆的に)備わっているものだというふうに書く。この作品も、そういう、不思議な説得力をもっている。

    他作品の関連でいえば、この作品は「1Q84」と表裏をなしているのではないかと思う。少年時代の宿命的な心の震えと、異空間に入り込んでしまったような現実、相手がどれほど自分にとって必要な存在かということに、時間が経ってから気づくこと。この作品で叶えられなかった運命を、「1Q84」では叶えている。

    そのような印象。

  • 島本さんにとても腹が立った。主人公も島本さんも自己中心的で身勝手で、絶えず周りの人を傷つけ、自ら傷つく。でもそれはこの物語が主人公の目線で書かれているからだろう。
    結局誰もが皆、自分勝手で傷つけ傷ついているということだろう。

  • うん、これは私の好きでない方の村上春樹さん作品だな。自己中かつ自己満に過ぎる。

  • 主人公とは生い立ちも、時代も異なり、
    積み重ねてきた経験も違い、
    置かれた立場も別なのに、
    それでも共感をおぼえてしまうのは、
    きっと人間の本質を描いているからだと思います。
    全体に漂う虚無感、
    謎めいた存在、過去の過ち、
    それに反するようなセンスの良い会話・・・・
    時と空間が曖昧に交わり、
    そして、常に纏わりつく死の香り。
    人はいまを生きるのではなく、
    過去を生きるものなのかもしれないですネ。
    ふと気づけば、
    そこは砂漠のど真ん中。
    本作も謎は解き明かされないまま放置されます。
    でも、謎は謎のまま、
    置き去りにされているから美しいのかも。


    べそかきアルルカンの詩的日常
    http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
    べそかきアルルカンの“スケッチブックを小脇に抱え”
    http://blog.goo.ne.jp/besokaki-a
    べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
    http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

  • 再読。

    ナット・キング・コールのレコード買ってきて聞きながら読むんだった。

  • 再読。大学生振りか。ナットコールキングと、スタークロスドラヴァーズとの出会い。懐かしい。イズミと島本さんの対比、以前は気づけなかった

  • 近くに図書館がオープンして、ちょうど目に留まったので借りてきた。

    何冊か読んだけど私はどうもハルキストにはなれなさそうだ。唯一良かったのは遠い太鼓というエッセイ集。

    タイトルは曲名からきているらしい。

全863件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする