国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (685)
  • (1110)
  • (2178)
  • (197)
  • (45)
本棚登録 : 9760
レビュー : 865
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    今の僕という存在に何らかの意味を見いだそうとするなら、僕は力の及ぶかぎりその作業を続けていかなくてはならないだろう―たぶん。「ジャズを流す上品なバー」を経営する、絵に描いたように幸せな僕の前にかつて好きだった女性が現われて―。日常に潜む不安をみずみずしく描く話題作。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    なんじゃこりゃ。
    読後の第一声。
    (このパターン多いな)

    いえね、分かってました。
    村上春樹さんの作品は、読者の期待通りに伏線が回収されたりしないって。
    むしろそんな読者の期待を裏切るところに
    村上春樹的良さがあるんだって。

    そう思う。そう思いたい。
    でも言おう。

    「なんじゃこりゃ(・∀・)」

    これからこの作品を読む皆さんに伝えておきます。
    この作品では何の謎も解明されませんよ。

    ある男が、満たされた生活を送りながらも
    「ここではないどこか」を追い求めて
    昔の初恋(と言ってもいいよね)の女性と再会し
    すべてを捨てるつもりだったけど女性に去られて
    ふにふにしながらも結局元の生活に戻る...ってだけの
    ただのずるい男の話ですよ!

    「もう元には戻れない」とか何とかいいながら
    「やっぱりここがいいのかも」ってオイ(・∀・)

    結局保険がないと行動できないだけの貧弱な男の話ですよ(・∀・)

    いやそれでもね。
    たくさんの謎が少しでも解明されたらまた違ったのかも知れないけどね。

    たとえば島本さんが去った理由とか。
    島本さんが数年前に主人公に会いながら逃げた理由とか。
    島本さんの背景とか。

    あとイズミの現在とか。
    イズミが現在の姿になった理由とか。

    いーっさい、解明されませんから(・∀・)

    でもねー、評価高いんですよね...
    なんだろう、みんな分かったふりをしてるとか?
    と言うか私が分かってないだけなんだろうけどΣ(゚∀゚*)

    すごいね~...
    Amazonで☆5が超ついてるよ...
    あれ、なんか私恥ずかしくない?
    理解できない子ちゃんじゃない?(笑

    分からないって言うのが恥ずかしいような風潮もどうかと思うけどね!

    ま、いいや(笑
    でもタイトルはものすごーく素敵で好きです♡
    春樹さん、タイトルの付け方超センスありますよね!
    (小並感w)

    「ねじまき鳥クロニクル」の一部から出来た作品ということもありますので、そっちも近々見てみます。

  • うん、これは私の好きでない方の村上春樹さん作品だな。自己中かつ自己満に過ぎる。

  • 現実世界に留まる話。
    お義父さんとは何もなかったね。

  • 社会的な立場や妻、可愛い娘2人もいるのに、不倫に走るクソ男。はっきり言って駄作。幸福な生活をしているのにその幸福に気づかず空虚だとか思っている思考が……

  • 内容をあまり覚えていない。

  • 後半、難しく感じた

  • ドロドロした恋愛もの。自分には合わなかった。浮気はいかんよね。体だけの関係だから〜とか、そんな言い訳もどうかと思うよ。

  • よむよむ第96回

  • 男の理想の世界なんでしょうねぇ〜××× 【2006.03】

  • 胃がいたくなる。村上春樹は苦手みたい。。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする