私刑 (講談社文庫)

制作 : 相原 真理子 
  • 講談社
3.40
  • (40)
  • (60)
  • (195)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 781
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062631211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 36473

  • 前作死体農場の後編的な位置付け。二つの事件が絡み合って未解決となった連続殺人犯ゴールトとのクリスマスでの対決。スカーペッタも結構な年のはずだけど、いけない恋に走ったりと、いや〜読んでしまうなぁ。
    解説には、自作のためにスキューバ・ダイビングを習っているとのこと。むむむ、気になって、このまま次作「死因」へ。とまらないー。

  • ちょっと、これはいけませんよ。
    作者、どうしちゃったんだろう?

    まず、スカーペッタがよろしくない。
    感情的で、非論理的で、シリーズ当初の頭の切れるタフでしたたかな彼女はどこに行った?
    大勢の警察官やFBIの捜査官が駆り出され、多額の税金と彼らの命を懸けてスカーペッタの身の安全を守っているというのに、「軟禁されるいわれはない!」と自分勝手な行動をとり、周囲を振り回す。
    20代の若僧なら拳固の一つで許されるかもしれないが、スカーペッタ51歳です。
    協調性なさすぎ。公務員として不適格。

    そして、自分が心細い時にそばにいられない不倫相手のベントンにあたる。泣く。
    さいてー。
    そりゃあ心細い時はそばにいてほしいよ。
    ましてや自分の命が狙われているかもしれないのだから。
    でも、泣いちゃだめだよ。彼の前だけは、絶対。

    そのくせ、警察やFBIが保護すると、うっとうしいとキレる。
    わがまま!

    だいたい彼女の捜査って、勘頼りなところが多いんだよ。
    そもそも検死官って、捜査をするのは本来業務ではないでしょ?
    勘を頼りの上に、偶然のラッキーが多すぎる。
    数年ぶりに会った友人の精神科医が、「あなた疲れているのよ。私の別荘でゆっくり休むといいわ」って鍵を渡してくれた別荘の場所が、重要参考人の実家のそばって、どれだけラッキーなのよ。

    そしてゴールト。
    『真犯人』で出てきたときは、本当に冷徹で残酷でずる賢くて、本を読んでいても肌が泡立つほど怖かった。
    サイコパスってこういう人のことを言うんだと思った。
    なのに、今作の彼はなんだ?
    残酷だが、痛々しさが漂うほどにボロボロ。
    なぜコカイン中毒にしてしまったの?

    彼の人としての異質さの所以は何か?
    それが今作で明かされると思ったのに、生まれた時から異質だった、と。
    しかし、どう異質だったのかが書かれていないから、もしかして親の育て方のせいかもしれないよね。
    愛されずに育ったから、あんな人間になってしまったのかもしれない。
    その可能性をつぶさずにゴールトを退場させてしまったのは、この作品の大きな傷なのではないかと思う。

    最初から最後までいらいらしながら読んだ。
    どうもスカーペッタが好きになれそうもないことに思い至った。
    ルーシーも、ベントンも、マリーノもあんまり好きじゃないし。
    まだシリーズは続くんだよね。
    ああ…。

  •  積読本消化のために簡単に読める小説群を読破中。その一環のスカーベッタ・シリーズ。相も変わらずのケイのエキセントリックな言動に辟易。医者らしき(些かステレオタイプとも思うが)冷静さと沈着さのかけらも感じさせない。そういう意味で、彼女の外科的処方は願い下げと感じる存在。等身大≠魅力的の典型で、知人の勧めで途中まで一挙購入したが、どうしたものかなぁ。逆にいえば、一人で生きる米国高所得層女性の尖んがった心理描写が実はリアルとか…。でも多分違うなぁ…。◇なお、アメリカの警察関連公共施設のセキュリティレベル。銃所持の実情とそこから推知できる治安レベル、薬物蔓延の有り様、人種間差別や対抗関係、近隣家庭との稀薄な関わりといった社会のモザイク化など、米国社会のある種の病理現象はリアルで、そこがスカーペッタ女史のグールドへの恐怖にリアリズムを付与している感じ。

  • このシリーズの第一作である『死体農場』の時点で既に出ていた殺人鬼、テンプル・ゴールトとの決着がつく本作。ほかの作品に比べると、展開に若干の無理があるかなぁと思いましたが、まぁ楽しめました。ただ、このシリーズは本作に限らず、推理を楽しむにはあまり向いてません。ホームズものと同様、主人公が謎解きをしたり真相に迫っていったりするのを傍観者として楽しむ、というのが正しい読み方かとは思います。

    主人公であるケイ・スカーペッタに味方する側の顔ぶれも増え、この後の作品での展開が面白くなりそうです。第一部は終了、といったところでしょうか。

  • B級サスペンス映画を観ているみたいに、スラスラ読めて面白かった( ´ ▽ ` )ノ。
    奇抜さ優先で、謎解きは雑( ´ ▽ ` )ノ。
    なんで雪の中、被害者女性が自ら?素っ裸になっていたのか?とか、警官を殺した過程とか、結局わからないままなことだらけ( ´ ▽ ` )ノ。
    5~6年前、第1巻から再読した際、この1冊だけ紛失していたことに気づいて切歯扼腕した記憶(>_<)。シリーズの核になる巻(>_<)。

    このたびブックオフで買い直して、この巻だけ読み返したが、前後を忘れてしまった今、意味があったのか?……まあ、単独でも十分楽しめたから、いいか( ´ ▽ ` )ノ。

    ヴィクシリーズもそうだけど、おばちゃんの恋愛事情はいらねぇんじゃないかなあ?……でも、これがないとヤだって女性読者も多いんだろうなぁ……(>_<)。

    2015/11/10

  • 私にとってのパトリシアコーンウェル2冊目、死体農場の続編。
    死体農場で登場した連続殺人犯ゴールトのその後が描かれている。

    ゴールトはサイコパスだが、暗闇でものが見えるなど、特異さを強調するあまり、もはや人間ではないモンスターになってしまっている。

    精神分析や家族を通してゴールトの人間的な面にも触れているので、せっかくなら彼の心の内にも触れてほしかった。

    ベントンとケイの恋愛描写はなくてもいいと思う。

  • 前作の死体農場の続編とも言える内容。
    狂った殺人犯に翻弄される捜査機関。
    スリリングな展開も多く、主要人物達が命の危険にさらされる状況に。
    コンピューターや法医学の専門的な知識も存分に披露され、読みごたえありました。

    余談。ケイが50代に突入していたとは、あとがきで知ってびっくり。もう少し若い(と言っても40代)イメージでした。

  • これまでの最凶悪犯のゴールトとの闘いに終止符が打たれる本作品。

    ジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズでも、シリーズ中何作かに共通して出てくる天才的連続犯罪者がいるわけですが、ケイ・スカーペッターにも同じような連続犯罪者が居たわけですねぇ。

    そんな大きな存在の犯罪者との闘いに決着が付いた後、どの様に物語が進んでいくのかが気になります。それと合わせ、ベントンやマリーノ、ルーシーとの関係も気になるわけですが、再び比較で申し訳ないですが、これも、リンカーン・ライム・シリーズのリンカーンとサックスの関係と似た感じ。そう言う意味では、ヒット小説の法則ってあるのか?

  • 前作からの続きっぽいので、覚えてないこともあり、続けて読むべきだった。
    これで一区切りな感じですかね。
    ゴールトがケイの気を引きたくて・・・・みたいなくだり、すごく納得できる。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

マイアミ生まれ。警察記者、検屍局のコンピューター・アナリストを経て、1990年『検屍官』で小説デビュー。MWA・CWA最優秀処女長編賞を受賞して、一躍人気作家に。ケイ・スカーペッタが主人公の検屍官シリーズは、1990年代ミステリー界最大のベストセラー作品となった。他に、『スズメバチの巣』『サザンクロス』『女性署長ハマー』、『捜査官ガラーノ』シリーズなど。

「2015年 『標的(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パトリシア・コーンウェルの作品

私刑 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする