濁流〈下〉―組織悪に抗した男たち (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062631822

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 961232

  • 最近はまった高杉作品。
    自分の作品をワッショイするのはいただけないけど。

    キャラもね・・・

  • 産業経済社主幹杉野良治、常務田宮大二郎、主幹の娘治子、主幹の愛人で秘書の古村綾、インチキ宗教教祖山本はな・・・登場人物の人間模様
    雑誌「帝都経済」で取り屋の本領発揮のスギリョウ。
    最後の吉田の行動には拍手。吉田側に立ち会社を辞めていく大二郎もすばらしい。最後にわらうのは綾。治子と結婚した大二郎が辞めていくことになり後自分の息子を入社させる魂胆。
    物語は今から20年位前の時代、この会社今どうなってるんだろう。

  • 帰任者にもらって、そのまま人に譲った本。

  • 初版本

全5件中 1 - 5件を表示

濁流〈下〉―組織悪に抗した男たち (講談社文庫)のその他の作品

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

濁流〈下〉―組織悪に抗した男たち (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする