天狼星〈3〉蝶の墓 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.51
  • (8)
  • (10)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062631921

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当作で「シリウス編」は完結です。
    「天狼星」シリーズ=美少年という図式が定着しています。

    とある田舎町が舞台で、ターゲットにされた高校生・晶は美少年です。
    シリウスは晶を襲って、手籠めにしようとしてきます。

    当作では兄弟愛があって、晶の兄ちゃんが登場するとホッとしました。
    兄ちゃんはノーマルで、美形ではありません。

    シリウスは、晶の父親をはじめとする町の人々に催眠術を掛けまくります。
    術に掛からなかったのは、晶の兄だけでした。

    シリウスの他に、謎の老人と着物姿の美少女の二人組や可愛らしい美少女も登場します。
    それぞれを誰が変装しているのかは、前二作を読めば分かります。
    アンジュは生きていたのね。

    胡蝶は綱渡りのような芸をしている時、恋人の声を聞いて自分を思い出します。
    皮肉にも、我に返った為に綱から落ちて死んでしまいます。

    シリウスの最後はあっけなかったですが、人間らしかったと思います。
    伊集院さんは、見えないところでとんでもない冒険をしていたんですね。

    晶にとってはプロローグに過ぎません。
    この後も、晶はシリウスに付き纏われるようです。
    やっぱり、奴は生きていたか(笑)

  • 前作の続き…のはずが幼い頃母親を惨殺され浮世離れした性格をした中学生晶とその兄と友人を中心に田舎の温泉街で話は動いていきます。最初、伊集院さんの活躍が見られなくて肩透かしを喰らいましたが、気付いたら話に引き込まれていました。面白かった。シリウス側の考え、シリウスのやり方が一番分かるのがこの巻かな。あと、女性向表現に関してガチです。ここでシリウスは晶タソに惚れたんだね…。

  • 伊集院大介シリーズ

    竜崎晶の住む町にやってきた謎の美女。晶の級友・熊本の家に滞在する雪野様と北原喜十郎老人。配達を理由に2人に会いに行った晶と親友の松浦。北原老人の語る雪野様をねらう者たち。晶の兄・弘志の所属する暴走族。母親である佐保子の死を晶のせいと恨む弘志。母親そっくりの雪野様を守ろうとする竜崎兄弟。宿の周りに集まる謎の暴走族。街にやってきたサーカス団。サーカス団団長・川路の誘い。消えた熊本。晶に迫る人間蜘蛛の正体。誘拐された雪野様。雪野様と北原老人の正体。地獄谷での伊集院大介とシリウスとの対決。

     2011年4月3日再読

  • 追悼栗本薫。

    私はこの方の本でものすごい読書体験をした事がある。
    グイン・サーガという、もう永遠に完結しない物語にて。

    図書館でグイン・サーガを1巻から3巻まで借り。
    2時間ほどで3冊の文庫を読了。
    その興奮が醒めないうちに自転車で突っ走って閉館間際の図書館に駆け込んで。
    また3冊借りてきたという。

    そんな毎日を大学の夏休みにやってた。

    結局20巻で挫折したんですけど(駄目じゃん)
    その熱病に浮かされたような読書体験は結構強烈に覚えてます。

    この本にて、本の行方みたいな描写があって。
    完結しないまま、少しずつ忘れ去られていく物語という感じのものがあって。
    今、こうして栗本薫の物語を読みながら、なんだか切なさを感じた。

    それでも彼女の物語は読まれ続けるだろうし、グイン・サーガの最終巻を読みながら続きを夢想する人はいなくならないだろう。

  • 前作で行方不明になった胡蝶と名探偵・伊集院大介。舞台は北海道の温泉町。人目を忍ぶように現れた絶世の美女と奇妙な老人の登場が、美少年・竜崎晶の生活を一変させてしまう。伊集院大介vsシリウスの決着はいかに?胡蝶さんにはない強さがある晶君にシリウスも‥‥。シリーズ一旦完結編。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

天狼星〈3〉蝶の墓 (講談社文庫)のその他の作品

栗本薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする