ステップファザー・ステップ (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (854)
  • (972)
  • (1540)
  • (107)
  • (16)
本棚登録 : 7472
レビュー : 909
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062632850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初期の連作短編集。1993年(26年前だ!)に単行本が、1996年に文庫がそれぞれ刊行されています。

    宮部みゆきの連作短編集は時代物はともかく、現代を舞台としたものはあまり読んだことがありません(「希望荘」ぐらいでしょうか)。「模倣犯」を読んだ直後だからかもしれませんが、作者には、様式美とかお約束みたいなもので作者と読者の間に共通認識が成り立っている作品――例えば「大店の跡目争いが原因で起きた事件を扱う捕物帖」とか、「魔王を倒す剣と魔法のRPG」ゲームとか――より、そもそも大店と言ってもまっとうなところ、怪しいところと様々だし、跡目を争う者同士それぞれ言い分があったり、そもそも何のために誰と戦っているのかをわからないまま先に進む冒険だったり、そんな「お約束」で省略されてしまうはずのあれこれをこれでもかとばかり描き込んだ大長編が似合うように思えます。ここまで長くするつもりはなかったのにどんどん長くなってしまう…そんなところがご本人の言う「物語派」なんだと思います。

    そんな作者が書いた連作短編です。
    一般的に(自分が好きな)連作短編集だと、個々の短編で語られる物語や謎の外にその作品全体を通して語られている謎やら伏線やらがあって、だいたい最終話でその謎が明かされ、これまでの伏線が回収されて、それが読者にとってのカタルシスだったりします。
    でも宮部みゆきの初期作品だと、途中放置・消滅の道をたどったシリーズが多くて読者にとっては消化不良感でいっぱいです。「初ものがたり」のいなり寿司屋のおやじの正体も、この本の双子の来し方と行く末も、明かされないまま。

    その初ものがたりは<完本>化されて、未収録だった2編が文庫に収録されましたが、こちら『ステップファザー・ステップ』の以下続編4編…

    ・バッド・カンパニー(集英社『小説すばる』1997年1月号)
    ・ダブル・シャドウ (集英社『小説すばる』1998年1月号)
    ・マザーズ・ソング(集英社『小説すばる』1998年5月号)
    ・ファザーズ・ランド(集英社『小説すばる』1998年12月号、1999年1月号)

    は「単行本にはなりません」とのこと。いっそう欲求不満がたまります。

    そして、解説によると作者は「クライムコメディを書いてみたかった」そうですが、作者初期の「○○みたいなものを書いてみたかった」は成功していると言い難いものが多く(例えば、「ロードノベル的な、ハヤカワのポケミスに入っているようなものを一つ書きたい」と言及されている「スナーク狩り」とか)、この本もそのうちの1冊であるように思えます。

    何よりもまず、【「両親がそれぞれ駆け落ちして家を出て行き、二人だけで暮らしている中学生の双子」が庭で気絶していた泥棒を親代わりにする】という設定があまりにも突飛です。
    同じように突飛な【超能力を持つ町娘が主人公の捕物帖】である「震える岩」では、主人公と彼女を取り巻く人々の描写を詳細に積み重ねることで、お初が超能力を持っていることがなんだか当然のことに思えてくるのですが、この本ではそのあたりの描写が圧倒的に不足しています。
    さらに、短編に収めるためでしょうか、ミステリ的なトリックがかなり未消化の状態で出てきます。その結果、なんだかトリックの使い方のサンプルだけ見せられて、「じゃあ見本でなく本物は?」と楽しみにしていたらなんと本の最後まで読み終えてしまった、というそんな感じ。

    未収録作品を含めて改めて刊行したり、続編を書いたりといったことがないのは、作者自身がこの作品が習作的で、あまり出来がよくないことを自覚しているからかもしれません。

    この本、その解説がステキです。作者のインタビューや対談など、本になっていないものも含めて、ていうかほとんど本になっていないものの中から、自分の言いたいことを探し出してきています。物を読む量がよほど多くないと、そして読んだこと、どこに書いてあったかをきちんと憶えていないとこれは書けません。超労作で超良作です。解説を読むために買ってもいいくらいおすすめです。

    以下、各話に一言ずつ。
    ネタバレあります。

    「ステップファザー・ステップ」
    双子に捕まる話。
    連作短編の出だしなので、物語全体の設定の突拍子のなさはこの時点ではあまり気になりません。

    ただ、いくら世間と縁の無い生活をしていようと、他人とそっくり入れ替わってしまおうとか、入れ替わられてしまった元の人をどうするつもりだったのかとか、かなり引っ掛かる点が多めです。
    あと、多数ちりばめられている事実ネタが古くて時代を感じます。


    「トラブル・トラベラー」
    正直2編目からどう読めばよいのか悩んでしまいました。
    「ふるさと創成事業」の1億円で、観光地倉敷をそっくり真似た一角を市内に作ってしまった「暮志木市」が舞台になっているのですが、いくらクライム・コメディだからと言ってもこの設定は奇抜過ぎます。
    あと、猟銃を持って人質とって立て籠もった共犯者は、分け前の割に罪が重くなりすぎるように思えて、「画聖」のお札の印刷を消せる方法とかと合わせて、「ここはボツコニアン」のような雑さを感じてしまいました。


    「ワンナイト・スタンド」

    双子の担任の先生も双子だったとか、アイデアとしてはいいのかもしれませんが、表現不足で活かされてないような…
    なお、灘尾礼子先生はこの後も登場しますが、その出番に双子設定が全く活かされていないのも残念です。


    「ヘルター・スケルター」
    ステップファーザーを演じているときの「俺」は健康保険を使えないわけで、その辺を書き込めば多少のリアリティが出てきそうなのに、サラッと流してしまっています。

    隠したかったのは死体より車だというのはなかなか新鮮ですが、心中の理由も車を隠したかった動機も説得力なさ過ぎです。


    「ロンリー・ハート」

    飛んだ置石が偶然頭に当たって死亡とか、うーんって感じです。そんなに危険なんだったらこれまでにも事故が発生していそうな…


    「ハンド・クーラー」
    山形新聞を投げ込み続けたのは郵便番号990を見せたかったからとか、雑すぎです。
    いくら何でも山形新聞→〒990→自分が無理に回収した融資の金額、なんて連想できるのはエスパーだけですって。


    「ミルキー・ウエイ」
    双子が同時期に別々の犯人に誘拐されるとか、物語全体のトンデモ設定に合わせるにはこれくらい奇抜なプロットをぶつけなければならない、みたいな話ですが、不思議と2〜6編目のような残念感は少な目でした。全編通じてこれくらい開き直って現実離れしたプロットを持ってきたほうがよかったのかもしれませんね。


    続編は期待できないにせよ、発表済みの4編を収録した<完本>、出ないかなあ…。残り4篇を読むと、もしかしたらあまり芳しくない感想がガラッと変わるかもしれないのに。

  • 宮部みゆきあんまり読みません。

    しかし、この小説の登場人物は
    アウトローながらも愛に溢れていてステキです。
    双子ちゃんは頭が良い。

    この本に
    「お父さん」
    「今」
    「発見したんだけど」
    「風邪ってさ」
    「早くよくなってねって」
    「心配してもらうために」
    「ひくものじゃない?」

    ここにやたら惹かれた。
    なぜなら今わたしが風邪をひいているからであるw

    優しい一冊です。

  • ドラマ化にもなってた一冊。
    ホームコメディ系な感じでしょうか、ほっこりと。

  • ドラマ化ということで読んだけど、ドラマと原作では双子の年齢も違うし細かな設定も違うしちょっと残念だった(ドラマの方が)。

    でも宮部みゆき作品の中では他の「火車」とかの方が面白かったかなぁ…

  • 七つの作品が収録された連作短編集。

    泥棒で生計を立てる主人公が、ひょんなことから双子の兄弟の父親代りになって…という物語です。

    ちょっとありえない設定かもしれませんが、三人の絆が徐々に深まっていく様子は心地よく、ほんのりと温かい気持ちになりました。

    コメディ要素を含んだミステリなので、読んでいて楽しいし、文章も読みやすくさらりと読めてしまいます。

    シリーズ化しても絶対面白いと思うのですが、続編は今のところないようですね。でも、雑誌掲載された作品がいくつかあるらしく、それらを加えた新装版みたいなものが、いつか発表されることを願っています。

  • 難しい推理に疲れた時に。簡単だけどかわいいエピソードの短編集でした。

  • ずっと昔に読んだ赤川次郎の「砂のお城のお姫さま」(たぶん)を思い出した。なにせ「お姫さま」たちと同世代で読んだのだから30年近く前だ。あちらは女の子二人、こちらは男の子ふたり、あちらは「おじさん」の家、こちらは子供たちの家、という違いはあるけれど。
    どちらも隣にあるかもしれない、でもまずない冒険譚として楽しく読んだ。

  • 30年前の話だが、今と遜色なし!

  • 巻末に「この本は1993年三月に小社より刊行されたものです。」と書いてあり、つまりは25年前の話なわけだ。私が前回読んだのは20年ほどまえだろうか、「面白かった」という以外何の違和感もなく読めたが、やはり時が経つと本文中に今は化石化したモノたちが登場する。ワープロ、文通、西武の秋山や清原…そして子どもの自由。
    自分にとっては、ついこの間のことのように思える25年前の世界を、文章という形で客観的に触れると「あぁ、随分と時は流れたのだなぁ」と実感する。
    しかし、68刷の増刷が物語るように、1人の泥棒と少々変わった賢い双子の少年たちが繰り広げる世界は決して古く感じないのだ。2018.8.16

  • 久しぶりに宮部みゆきを読んでみようと思い
    何となくタイトルで選んだ作品。
    ステップファザーとは継父の意味だったのですね。

    泥棒がヘマをこいて両親が同時に蒸発して見捨てられた
    双子に助けられ、何となくその双子の父親のようになる話ですが
    時代背景が90年代ということもあり少し古臭い印象を受けるのですが
    物語の大筋にそこまで引っかかるものではないです。

    双子が謎めいた良いキャラをしているのですが毎回のように
    主人公+読者をミスリードさせて双子に疑いの目を向けさせるのですが
    最終的には双子と主人公の泥棒との間にしっかりとした絆が出来て
    本当の家族のようになっていくのが心温まります。

    読んでいる時はそこまでのめり込むわけではないのですが
    なぜか続きが気になる不思議な作品でした。

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)のその他の作品

宮部みゆきの作品

ツイートする