重耳(中) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.94
  • (61)
  • (66)
  • (72)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 497
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062633246

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 重耳のお父さんが性悪女にたぶらかされて、せっかく統一した国がバラバラになってしまう話。

    この巻は、国同士が戦争をしているわけではないのだけれど、戦争以上に凄惨で、まともに戦争していた上巻以上に人がどんどん死んでいったという印象。

    戦争は大勢でするものだから、個人の特徴が出にくいけれども、世嗣ぎ争いは個人がフォーカスされて、人間の性格が出てくるから、余計に血生臭くなってしまうんでしょうねぇ。

    申生が可哀想すぎて泣けるし、重耳のお父さんの狂いっぷりが半端ないし、国が倒れていく過程って鮮烈だなぁ、と思える作品になっております。

  • 俄然面白くなってきた。

  • 分家が本家を呑み込む形で晋が統一されたと思ったら、武公が亡くなり、詭諸が王となり、そして、驪姫が出てきて、晋の公子たちは辺境へと逐われる。苦難の始まり。重耳の下には有為な人材が多くてワクワクする。続いて下巻へ。

  • 最高です。

  • 曲沃の王が翼の王を倒し、晋の王に。 ただその後を継いだ太子が王になった際にその妻が子を世継ぎにしたいとして太子を殺し、とうとう重耳にも暗殺者を送る。さすがに重耳は逃げた。これから19年の放浪が始まる。さてどうなるか。
    狐突の息子の狐偃が重耳を支える。 なかなか良い。重耳を中心にした閥の集団の旅の始まり。

  • 紀元前6世紀、中国春秋時代の五覇の一人で、晋の文公と呼ばれた重耳という人物の話。晋の君主の家系の二男に生まれたが、秀才でもなく人気もなく特徴のない人物であったため兄弟の中でも目立たなかった。しかし、晩年は、誠実で実直な性格により国内外の色々な人たちから一目置かれるようになる。身内の争いごとにより国外に脱出し19年間諸国を転々とする亡命生活を経て、晋に戻り君主となる。重耳の話というよりは、重耳に仕えたすばらしい臣の面々の話ではないだろうか。幼少期の教育係の郭偃をはじめ、丕鄭、孤突、孤偃、孤毛、先軫、介子推などなど見事な人物が揃っておりこれら臣に支えられてなければ重耳は君主にはなれなかっただろう。臣の忠誠心に感動した。

  • 太子、申生の頑固なまでの孝心は、君主としては視野が狭いかもしれないが、やはり好感を抱かずにはいられない。じりじりと悪化する局面の中、それぞれの人物がそれぞれの器量と信念で行動する様はまさに歴史小説。

  • 2013年08月 02/42
    重耳の祖父である称から、父である詭諸(きしょ)の時代に移り、波乱じみて来ました。登場人物それぞれの思いがからみ合って実におもしろい。

  • 重耳の徳の行く末を、、期待。古代中国は本当に徳の高い人がたくさん出てくる。今の中国と照らし合わせて、極めて不思議。

  • 上巻に記載。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ)
1945年、愛知県蒲郡市生れ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。1991年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞、1994年『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2000年『楽毅』で司馬遼太郎賞、2001年『子産』で吉川英治文学賞、2004年菊池寛賞をそれぞれ受賞。同年『宮城谷昌光全集』全21巻(文藝春秋)が完結した。
2006年、紫綬褒章受章。2016年、第57回毎日芸術賞受賞、及び旭日小綬章受章。他の著書に『奇貨居くべし』『三国志』『呉越春秋 湖底の城』など多数。また『風は山河より』など日本の歴史に題材をとった作品もある。

重耳(中) (講談社文庫)のその他の作品

重耳(中) 単行本 重耳(中) 宮城谷昌光
重耳(中) (講談社文庫) Kindle版 重耳(中) (講談社文庫) 宮城谷昌光

宮城谷昌光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

重耳(中) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする