半蔵の槍 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062633314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦国忍者の誇りを賭けて、徳川幕藩体制に敢然と抵抗した、伊賀・闇の軍団。率いるは柘植重兵衛。服部半蔵の秘蔵弟子で、短槍の名手。半蔵が遺した名槍「伊賀切」の秘密を切札に、大御所家康、本多正純、甲賀忍者群と、虚々実々の戦いを繰り広げる。剣あり恋ありで息もつかせぬ、大型新人の本格忍者小説。

    2009.9.14読了

  • 江戸初期の伊賀同心の叛乱、甲賀与力の争いと幕藩体制の確立という背景の中で忍者の孤独な戦い。時代に押し流されつつも意地と誇りを貫き通す槍の重兵衛の活躍が美しい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家

「2021年 『北条義時 「武士の世」を創った男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶋津義忠の作品

半蔵の槍 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×