大統領のクリスマス・ツリー (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (32)
  • (46)
  • (90)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 349
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062634137

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1時間ドラマをそのまま見ているような構成。「完璧に幸せ」と思うのは それを失いつつある時。時は一刻も止まらず過ぎていき、どんな幸せも永遠には続かない。

  • とても前向きな悲しい話です。
    今後、自分の人生にこんな悲しいシーンがあるのかと、ちょっと寂しい気持ちになります。
    そんな、話なのに前向きな気持ちになれるのが不思議です。

  • 解説で俵万智さんが「あなたはあたしのクリスマスツリーだったのよ」を中心とする、ラストのほんの一言ふた言の会話を、いかにせつなく成立させるかということに、ひたすら向かっているようにも思われたと言ってるけど、まさにその通りだなーと思いました。

  • もしも自分が当事者なら、こんな別れ方はできないな。
    最後の一言が言えるぐらいに成長したいなって思える一作。

  • なにかの評で「最後の一言のための作品」という言葉を聞いたが、正にそのための作品。
    恋愛について、家族について、と切り口はいくつもあるが年月を経ることとはどういうことかを丁寧に描いていてとても好い。

  • 叙情的な物語。男は女が強くなったと嘆くけれど、女の強さに救われる生物なんじゃないかとおもう。

  • どうしようもない切なさ。
    どうしてどうしてどうして?って、どうしようもない気持ちでいっぱいになる。
    鷺沢さんも、一枚の布を織りあげるように小説を書く人。

  • 主人公香子の成長の物語

  • 断片的に過去が描写されていく恋愛小説。

    結末を予感させながらも登場人物は柔らかく、穏やかに物語が進む。
    もっと鷺沢萠の小説を読みたかったと思わされる。

  • 愛とか恋とかは曖昧すぎて、どうしてこうなったのか理由なんてないし、きっかけだって誰にも本人にも気付けない。だから悲しくはないけど寂しい。鷺沢さんらしいラブストーリーでした。

著者プロフィール

鷺沢萠(1968.6.20-2004.4.11)
作家。上智大学外国語学部ロシア語科中退。1987年、「川べりの道」で文學界新人賞を当時最年少で受賞。92年「駆ける少年」で泉鏡花賞を受賞。他の著書に『少年たちの終わらない夜』『葉桜の日』『大統領のクリスマス・ツリー』『君はこの国を好きか』『過ぐる川、烟る橋』『さいはての二人』『ウェルカム・ホーム!』など。

「2018年 『帰れぬ人びと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大統領のクリスマス・ツリー (講談社文庫)のその他の作品

鷺沢萠の作品

ツイートする