不思議の国のアルバイト探偵 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.51
  • (34)
  • (66)
  • (131)
  • (7)
  • (2)
  • 本棚登録 :570
  • レビュー :41
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062634168

作品紹介・あらすじ

一人ぼっちの戦いにアルバイト探偵大パニック。目覚めてみたら"お母さん"と"妹"が居て、見知らぬここが"我が家"だと主張する。真相を探りに町に出た隆クンは戦闘服の男や頭上を飛ぶ第二次大戦中のB29爆撃機を見て息を呑んだ。不良中年私立探偵の親父の助けもないまま"家族"を守り殺人鬼と戦う隆だが…。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013.7.3
    アルバイト探偵4段。
    夜の21:30から読み始め、途中やめるにやめられず、深夜0:00までかかって読み終えた。
    こんかいのアルバイト探偵は、長編で、隆くんに突然母親と妹が現れる。
    そこは、孤立した街で住人はみなかつて世界的に悪行を重ね、老後ゆっくり暮らす為に移り住んだ人たち。
    しかし、その安全を護られたはずの街で住人が次々と殺されていく。
    隆は、妹といういづみと一緒に犯人を捜す事に。そして、不良中年親父涼介が助けにきて、涼介の兄粕谷と、その妹だったいづみに命を狙われる。
    人を殺さない涼介が、唯一殺そうとする粕谷。だが、丸腰の粕谷を殺そうとするが、隆に父ちゃんダメだよ、と言われ結局殺せず。
    兄弟でも全く正反対の粕谷と涼介。そして血のつながりのない涼介と隆。涼介と隆には、家族以上のつながりが感じる。日頃は不良中年親父と言われているが、実は一番まっとうに、隆を育ててきたのではないだろうか。
    それにしても、ここまで夢中に読める本にあったのは久しぶりだ。しばらくは睡眠不足になるかも。

  • アルバイト探偵シリーズ。
    無敵の親父に宿敵出現,親子ともども大ピンチ!
    リュウくん目が覚めたら不思議の国・・・。

    チョー○ンインや「この世には不思議なことなど何もないのだよ」とかいう古本屋が出てくるような展開かと思いきや,そこはやはり大沢在昌。
    ツッコミどころしかないが,「だって大沢在昌だもん」の一言で許される。

  • 評価は4。

    内容(BOOKデーターベース)
    一人ぼっちの戦いにアルバイト探偵大パニック。目覚めてみたら“お母さん”と“妹”が居て、見知らぬここが“我が家”だと主張する。真相を探りに町に出た隆クンは戦闘服の男や頭上を飛ぶ第二次大戦中のB29爆撃機を見て息を呑んだ。不良中年私立探偵の親父の助けもないまま“家族”を守り殺人鬼と戦う隆だが…。

    またまたお父さんがかっこいい~。
    架空の話に違和感が無くなり、逆にどこまで引きつけられるか楽しみになった。巻が進む毎に冴木パパの過去が明らかに。とうとうリュウ君は高校を留年・・・息子が優秀すぎない設定が「そんな奴はいないわ!」と言わせず魅力だ。

  • アルバイト探偵第4弾。現実的にはありえない設定だが、エンタメ色の強いハードボイルドに仕上がっており、楽しく読めます。

  • なるほど。ザッツ・エンターテイメント。と思えば多少の躓きはあるものの、信じられない話のご都合さはすんなり受け入れられる(...にしても凄いよねw)!

  • 何だかホラーテイストっぽい不思議な話。
    途中までハードボイルドっぽい要素はなく、ひたすら不気味な街と殺人鬼に追われる怖い感じの描写が続く。
    でも最後はアメリカとロシアの原潜が派手に出てきて、やはりハードボイルド。
    そしてやはりリュウの女ったらし具合はいかんなく発揮されるのであった。
    不思議な空間に隔離されたリュウの目線で話が進むので涼介の出番は少な目ですが、いつになく真剣なモードが見られます。

  • アルバイト探偵シリーズ4作目。
    目覚めたら知らない家・街で、いるはずのない母親と妹と暮らしていることになっている冴木隆くん。
    SFでもパラレルワールドでもなく、ちゃんと現実世界の設定。
    この街の謎、どんでん返し、面白かった!!
    (図書館)

  • アルバイト探偵4段。

  • 文句なしに楽しめる。
    好きだなあ。

  • 女王陛下の…の続編だった。

全41件中 1 - 10件を表示

不思議の国のアルバイト探偵 (講談社文庫)のその他の作品

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
あさの あつこ
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

不思議の国のアルバイト探偵 (講談社文庫)に関連するまとめ

不思議の国のアルバイト探偵 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする