人を育て、人を活かす―江戸に学ぶ (講談社文庫)

著者 : 童門冬二
  • 講談社 (1997年6月発売)
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062635264

人を育て、人を活かす―江戸に学ぶ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸時代の20人の人物から、現代に生かすべき教訓をエピソードと共に学びとるという本。特に医者・園井東庵の話が良かった。「土地に徳があるのではなく徳の持ち主が徳を掘り起こす」「朝生まれて夕に死ぬのが"一期一会"であり、そう思うからこそ人との交流が充実し、そこから新しい何かが生まれる」あとは指導者として優れた島津斉彬等々。江戸時代は経済・外交的にも激動の時代だったからこそ多くの優れた人物が生まれ、そこから学ぶところも多いのではないかと思った。

  • 4062635267 390p 1997・6・15 1刷

全2件中 1 - 2件を表示

童門冬二の作品

人を育て、人を活かす―江戸に学ぶ (講談社文庫)はこんな本です

人を育て、人を活かす―江戸に学ぶ (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする