おもしろくても理科 (講談社文庫)

  • 講談社 (1998年3月13日発売)
3.40
  • (22)
  • (33)
  • (105)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :390
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062636261

おもしろくても理科 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まぁまぁ何度読んでも面白い

    何度読んでも面白いということは
    何も覚えてないからだろうというツッコミはなしで。

    あとがきに、
    あとがきから読む人が多いとかいてあるのだけれど、

    最初に初めに読んだ方が立ち読みとしてはいいんじゃなかろうか。

    はじめに
    本文
    あとがき

    とあって、あとがきがおもしろかったり
    内容がまとまっているということは実感では全くないな。

    さてと。
    私の嫌いなブームにエコブームがあります。

    エコってなんですかね。
    エコロジーですね
    エコロジーってなんでしょう?

    私はまったく意識してなかったけど
    エコロジーって生態学なんですね。

    ほっほう、であればエコって嫌いじゃありません。

    なのにエコブームって嫌いなんです。

    エコノミー&エコロジーっていったりもしますか、

    この地球にやさしいエコってのが嫌いなんですね。
    地球にやさしいわけがないから。

    人間が人間として生きていくために方便だとおもえばまぁ許せるかな。

    業というものを背負っているのが人間だという意識があれば
    エコなんてものはブームになるようなものではないだろうと
    おもうわけです。

  • 人口の爆発はこわい、そしてどれもいなくなった、はかなり面白かった。が、面白さ、頭に入りやすさという点では2の方かも。2になって練れてきたのかなあ?

  • 西原さんも好きだからこのコラボは嬉しい。

  • 身近な話題はもちろん、厳密に言うと違うんだろうけど、けっこう深いところまで書いています。

  • 専門家の視点ではない理科のおもしろさを解説している。
    理科が嫌いだという人はぜひ読んで欲しい。

    続刊が「もっと」という文句を付加して出ている。

    西原理恵子の絵が、なんとも内容にあっている。

    清水義範はつっこみだと表現している。

    そう、この内容にはこの絵がぴったり。
    内容の理解が進みます。

  • 清水義範さんの文章と、西原理恵子さんのイラストがまるで夫婦漫才のように絡み合った本。たしかシリーズ第一作目。たまにおかしくて吹いてしまいました\(//∇//)\

  • 理科が苦手な人も、そうじゃない人も、肩の力を抜いて読める理科エッセイ。
    「海辺の生き物」で、ビデオカメラ片手にものまねレポートをする清水氏。
    いい年してなにやってんだおっさん…と思っても、彼はちゃんと笑いと知識を与えてくれます。

  • 理科という響きだけで鳥肌が立つ人も読んでみて。

  • 好きな教科が理科で清水義範が好きで西原理恵子が好きだったので、もうツボ!と即ゲットした本です。理科がおもしろいんだよーと平易に説明してる本なわけですから、理科が得意な人には物足りなく理科が嫌いな人にはやっぱりおもしろくないんじゃないか…と思ってしまうのですが、でも西原の突っ込みマンガがあるのできっとみんな笑ってしまう。マンガがなくてもおもしろいのは確かで、特に海辺の生き物には涙が出るほど笑ってしまったのですが…でもこの作家にこの挿絵っていう組み合わせは絶妙だったと思います。

  • この歳になっても理科が苦手だけど面白そうなので読んで見た。
    初歩的な内容でありながら、面白いエッセイで仮説も面白い。
    西原理恵子の漫画も楽しいアクセント。
    ただおおもとの雑誌の掲載は約20年前という事を知って読まなければいけないが、それはそれで楽しめる。
    この20年で世界の人口は15億人も増えてる!

全37件中 1 - 10件を表示

おもしろくても理科 (講談社文庫)のその他の作品

清水義範の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

おもしろくても理科 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする