開国―愚直の宰相・堀田正睦 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.89
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (814ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062636568

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1人の男により日本が変わった!
    鎖国の堅持か開国か?幕末最大の難問に決断を下し、国際化に邁進した男の実像に迫る。
    鎖国体制の堅持か、開国か?幕末の日本を揺るがす大問題があった。運命のいたずらによって時の総理にあたる老中首座となった堀田正睦は、早く日本を国際社会に仲間入りさせようと、強烈な使命感に燃え、開国を主張した。孤軍奮闘を続けて条約調印にこぎつけた堀田に京都の天皇側から猛反撃が始まった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1941年兵庫県生まれ。早大法学部卒。85年『大君の通貨』で第4回新田次郎文学賞、94年『恵比寿屋喜兵衛手控え』で第110回直木賞を受賞。おもな作品に『物書同心居眠り紋蔵』『八州廻り桑山十兵衛』『縮尻鏡三郎』『町医 北村宗哲』などがある。

「2016年 『侍の本分』 で使われていた紹介文から引用しています。」

開国―愚直の宰相・堀田正睦 (講談社文庫)のその他の作品

佐藤雅美の作品

ツイートする