クリスマス・イヴ (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (7)
  • (21)
  • (46)
  • (9)
  • (8)
  • 本棚登録 :199
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062636698

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年15冊目。
    岡嶋二人作品じゃなければそれなりに楽しめたかもしれないけど、個人的にはなんからしくないかなーというような作風に感じたのでそうでもなかった。
    最後もちょっとあっけなかったかな。

  • 綾辻行人氏の「殺人鬼」程度のグロ耐性、恐怖耐性が無ければ、手を出さないのが賢明。
    私はもう読まない。

  • 面白かった( ´ ▽ ` )ノ
    クリスマスに別荘地で、ドンドン人が死んで…ジェイソン?本当に面白かった。

  • 雪に閉ざされた別荘地で殺人鬼に追われるという、スプラッタ・ムービーの小説版。「13日の金曜日」のよう。
    ホラーの純粋理想形、正体不明の殺人鬼に追われる恐怖に焦点を絞った小説とのことだが、全編これだと読むのが辛かった。
    (図書館)

  • 激突のようなスリル感だが、・・・

  • ミステリではなくホラー。
    とにかく殺人鬼から逃げまくって罠をかいくぐる話。

  • 理解が難しい(´・д・`)
    面白いけど。

  • 面白い! もう一気読みだッ!

    敦子は喬二に騙され、クリスマスを彼の友人(といっても夫婦一組と恋人一組)と、雪深い山荘で過ごすことになった。「イタズラ好き」と忠告を受け、心して別荘内へ入ったが、何かがおかしい。これがすべての始まりだった。
    転がる死体は喬二の友人のもの。そして犯人の襲撃。陸の孤島と化した雪山の山荘で、迫りくる恐怖に二人は立ち向かわなければならない。

    他とは断絶された雪山でのサスペンスという王道。面白いのなんのって…! もう息もつけないような展開の連続に、夢中になって読んだ。うじゃうじゃ言ってないで逃げなきゃダメでしょうにって何度叫びそうになったことか(笑)。いやそれはともかく、犯人が怖いのなんのって。あそこまで執拗に攻めるんだから…! いやいや君たちちょっと待てっていうほどある意味「感動的」なラストだけど、そこにたどり着くまでの犠牲を思うとちょっと場違いかも。でもまあ面白いし、まとまってるからいいじゃない。
    岡嶋二人、また読む。

  • 岡嶋 二人っぽくないので、がっかり。

  • 岡嶋二人だし推理物だろと思って読んでました・・・・。
    表紙からは想像できないほどのバイオレンスでした。

全31件中 1 - 10件を表示

クリスマス・イヴ (講談社文庫)のその他の作品

岡嶋二人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡嶋 二人
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする