インド三国志 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.24
  • (3)
  • (10)
  • (24)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 95
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062636896

作品紹介・あらすじ

生き残る王子はたった一人。流血が王位継承の伝統であったムガル帝国に東インド会社を尖兵としたイギリスの魔手が迫る。アヘン戦争、明治維新へと続く歴史の前哨戦として、三百年を越えるムガル王朝滅亡のひき金をひいたのは誰か。インドは「我が青春の一部」と語る著者が熱き思いをこめて描く長編歴史小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初はアウラングゼーブ帝とマラーター族の話で進むと思いきや、章ごとに日本で育った西欧人やら英仏やら諸部族やらいろんな目線で時代が進む。あまり馴染みがないムガル帝国史だったけど、この先のアヘン戦争や明治維新がこんなところから続いていて面白かった。本当物語の序章に過ぎないので、続編が悔やまれる…

  •  極東では日本の明治維新がはじまろうとする時代、三百年繁栄したインドのムガル王朝が滅亡しようとしている。インドの歴史を遡りムガル王朝の立国、周辺部族との関わり、当時の東インド会社の台頭などによる時代の変化を知ることができる。ムガルとはモンゴルという意味なのだとか、西部からインドの地を侵略した民族を指す。

  • 「三国志」とついているので、古代インドの英雄の攻防か?と思って読んで見れば、比較的歴史の新しいムガル帝国の事を書いた本。ムガル帝国といえば、アクバル大帝やタージマハルを作ったシャー・ジャハーンが有名ですが、シャー・ジャハーンの帝国最盛期後、イギリスの植民地化されるまでが結構短期間なのが不思議だったのですが、本著はその疑問を埋めてくれます。
    「三国」の三者はシャー・ジャハーンの次の皇帝アウラングゼーブ、マラーター族、東インド会社。イスラム至上のアウラングゼーブが帝国内にマラーター族のような敵をつくり、不要な内戦を引き起こし国力を弱めた事と東インド会社の台頭が、急速にムガル帝国の衰退を招きます。…というところで何故か本著は終わってしまいます。続編書くべきだがやめたらしい。何とも中途半端。これだから陳瞬臣は嫌いだ。

  • 来週から、インド旅行なので、読破。

    とりあえずムガル帝国が、イスラム教なのにはびっくりした。
    そして異民族とも。
    清朝の中国に似てるとこがある。

    イスラムVSヒンドゥー

    真髄をみれるかもしれない。

  • 何の心境の変化があったのか、
    戦争ものの本を読んだ感想が違ってきます。

    戦争はやはり無くならないのだろうかという気持ちはぬぐえない。

    ちょっと悲しい気持ちになりますね。

    戦争を起こすのも、戦争が無くなるのも宗教の意味合いは大きいのかなと思います。

    いったい、戦争は何を求めているのでしょうか。

    だれもが専守防衛となれば戦争は起こらないとおもうのですが、

    裏切りものが誰かでる。

    攻撃してくるのだと気づけば前もって叩くとなるわけですわな。

    疑心暗鬼の世界ともいえる。

    誰もが利己的です。

    私だって自分勝手ですが、

    戦争を起こさない方が利益が多いと思うのです。

    戦争を起こす人は戦争が起きたほうが利益が多いと思っているのでしょうね。

    道徳的に、戦争はいけないのだ、人を殺す事なんてもってのほか
    だと
    おもうのですが、

    その面だけでなく、
    戦争を起こさないほうが、得ですよ
    なんて言い方もありなんじゃないかな。

    なんでも損得ってのもねー、ですが。

  • 「董卓が部下の呂布に殺されたあたり」で終わってしまっているのが残念。イスラム教スンニ派皇帝に対する、自分の帝国をせっせと弱体化させた、という評価は正しいのだろうが物悲しい。狂信者はろくな事をしない。

  • 部族を結びつけるもの、それは強き軍人の指導者と、人々の心を動かす詩を謳う者。そして、強過ぎる信仰は軋轢を産む。

  • 4062636891  349p 1998・2・6 3刷

  • アウラングゼーブ、シヴァーシー、東インド会社を取り上げた物語。

    アウラングゼーブは敬虔なスンニ派すぎて、自分の帝国を滅ぼしてしまう。
    ムガル帝国の王の継承は長兄相続でもなく、統治してる王の指名でもなく、子供どうしの戦いによってきまった。
    シャージャハーンは生きてるときから幽閉されちゃったんだよーー。かわいそう。ずっとムムターズ=マハルのことを思ってたんだろうなーー。

    2代フユマーンは大のアヘン好き。デリーにあるフユマーン廟は世界遺産にもなってるよ。
    3代アクバルは、イスラーム教とヒンドゥー教の争いが嫌だったじゃら、「アクバル教」を作ったりした(笑

    けっこう勉強になった小説でした。

  • 初めて読んだ、インドの歴史です。世界史は苦手だけど、小説にしてくれると楽しめる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

陳舜臣(ちん・しゅんしん)
1924年、兵庫県神戸市生まれ。43年、大阪外国語学校インド語部卒業。61年に『枯草の根』で江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。69年に『青玉獅子香炉』で直木賞、70年に『王嶺よふたたび』『孔雀の道』で日本推理作家協会賞、88年に『茶事遍路』で読売文学賞、91年に『諸葛孔明』で吉川英治文学賞、94年に日本芸術院賞など受賞多数。著書に『阿片戦争』『小説十八史略』『中国の歴史』『琉球の風』などがある。2015年1月、逝去。

「2017年 『天空の詩人 李白』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陳舜臣の作品

ツイートする