創竜伝(9)妖世紀のドラゴン (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.41
  • (42)
  • (45)
  • (208)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 664
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062637046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仙界からこの地上に帰って茉理たちと合流を果たした四兄弟に、ランバートの命を受けた者たちが、今度は人外の手も借りて襲いかかります。戦いの舞台は月面にまで広がって、宇宙戦争というスケールに広がります。一方地上では茉理たちが奮闘し、犬の松永君も大活躍しています。なお本巻では、松永君の正体が、天界の仔犬「天狗」(てんくう)であることが明らかにされます。

    たび重なるランバートの襲撃を退けた四兄弟は、彼の本拠地であるロンドンへと向かいます。いよいよ牛種との直接対決も近づきつつあるという感じで、物語の緊張感も高まってきました。

    今回の「巻末対談」で著者の相手を務めるのは、漫画家の垣野内成美です。

  • 再会。
    やっぱり茉理ちゃんたちも揃ってないとですね。

  • いつ終わるのか。

  • 小早川奈津子の出番が増えてくると面白さに欠けてしまいますねぇ。でも、次の巻では白竜王終くんが活躍してくれそうなので楽しみです。

  • 遂に人間界の外へ出てしまいましたが。
    この後どうなるかが楽しみです。

  • 3月17日頃読了(多分)

    人間界に戻ってきてってのはこの辺の話??
    この先伏線の回収が楽しみです。

  • 社会風刺が多くなってきたなあ・・・。

  • まだ読んでない…。

  • 9巻!!いい加減うろ覚えをいい加減にしろと怒られそうになりつつありますが;;この辺で天界とリンクしてきて更に話は複雑化してきます。

  • まだまださっくり読めます。もうここまで着たら読むしかないでしょう。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

田中 芳樹(たなか よしき)
1952年、熊本県本渡市(現・天草市)生まれ。学習院大学文学部・国文学科卒業、同大学大学院博士課程(国文学)修了。1978年に李家豊(りのいえ ゆたか)名義で雑誌『幻影城』に応募し、『緑の草原に…』で第三回幻影城新人賞(小説部門)を受賞、作家デビュー。
1982年、田中芳樹名義で、『銀河英雄伝説』シリーズを発表。アニメ化、コミック化、ゲーム化された大人気作品となる。ほか、2017年に完結した『アルスラーン戦記』もアニメ・ゲーム・コミックなど様々なジャンルミックスがなされており、非常に人気が高い。ほか、『創竜伝』などの人気シリーズがある。

創竜伝(9)妖世紀のドラゴン (講談社文庫)のその他の作品

田中芳樹の作品

創竜伝(9)妖世紀のドラゴン (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする