夢街道アジア (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062637305

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書録「夢街道アジア」3

    著者 日比野宏
    出版 講談社

    p48より引用
    “もし自分が日本のメディアに載ってしまっ
    たら、日本では笑い者になるだけだ。だが、
    こんな状況下のカンボジアに来た自分が悪い
    のだから、どんな結果になっても仕方がな
    い。”

    目次から抜粋引用
    “トレンサップの黒い雲
     僕はいつもハングリー
     泥の国
     峠を越えて
     アナベルのシロイコナ”

     写真家である著者による、アジア各国を
    巡った紀行文。
     カンボジアから上海まで、自身の手による
    写真を添えて描かれています。

     上記の引用は、内戦中のカンボジア滞在で
    の一節。90年代中頃のことのようですが、
    80年代の内戦時代に逆戻りのようだと、本文
    中で語られています。
    この著者に限らず、危険であるとわかってい
    るからこそ、そこの状況を見に行く人がよく
    います。言った本人がこのように思っていた
    としても、国は国民を助けなければと動かざ
    るを得ないでしょうから、気をつけた方がい
    いでしょうね。
     90年代のアジア各国の、普通に暮らす人達
    の様子が描かれていますので、アジア旅行に
    行く前に読めば、その旅がまた違った印象に
    なるかもしれません。

    ーーーーー

  • 『アジア亜細亜』以降のアジア旅行記。人との出会いや交流を通した旅行記なので、読んでいて心地良い。再会劇もたびたび登場し、微笑ましい。舞台はカンボジア、ベトナム、スリランカ、ミャンマー、インド、フィリピン、中国、インドネシア。

    第1章「トンレサップの黒い雲」は、1997年7月のフンセン派とラナリット派間での内戦のまさにそのとき偶然にもプノンペンにいた著者の、ルポ体裁の作りです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。最初はファッション写真をめざしていたが、80年代後半より、アジアを中心とした旅が始まり、写真と文章の本を出していく。出版物に『アジア亜細亜──無限回廊』『アジア亜細亜──夢のあとさき』(講談社文庫)、『エイジアン・ガール』『快!撮!アジア旅の写真術』(新評論)、『フィリピン街道−バハラナ』『フィリピン街道−マガンダ』(凱風社)などがある。

「1997年 『写真家はインドをめざす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日比野宏の作品

ツイートする