消えた乗組員(クルー) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062637435

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3.5

  • 十津川警部が結婚する前の話しで、お見合いの話題がでて来る。
    丸ごと乗員が消えてしまった船の話し。
    誰かが,どこかでつながっているはずなのだが、
    なかなかそこが分からない。

    推理小説としてはすごく壮大で、予想は全く外れてしまった。

  • ミステリー殺人系王道の、船員が忽然と消えるミステリーです。
    もちろん朝食の準備が整ってて、あたかもついさっきまでそこに人がいたようなシチュですね。
    これ、海陸上問わずよく使われますけど、元ネタは何なんでしょう?

    一日で読みきった内容は、ポンポンと話が進む、テンポのいいものですけど、先も簡単に読めました。
    自分が神隠し的なものは信じないからかもしれませんが。
    ただ、普通にミステリーとしては面白いですよ。
    初めて読んだ本がこれなら、すんなり本の虫ライフへ入り込めるでしょう。
    海上裁判制度は面白いですね。読むまで知りませんでした。
    老後は船買って・・・ってのもいいですね☆

  • 1998.5.15 1刷 667
    「魔の海」と恐れられる小笠原諸島沖合いの海域で行方を絶っていた大型クルーザーが発見された。船内には人数分の朝食が用意されたままで9人の乗組員は残らず消えていた。幽霊船の真相究明が始まると、発見者のヨットマンたちが次々と怪死をとげ、傍には血染めの召喚状が……。十津川が海の謎に挑む長編推理。

全4件中 1 - 4件を表示

消えた乗組員(クルー) (講談社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする