愛と恍惚の中国―ディープにあちこち探訪記 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062637848

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国ものをよく読む。
    中国のことを知りたいからである。
    何故知りたいのか?
    それは、あまりにも中国が落差があるからである。

    著者である坂氏は、共同通信のカメラマンで、
    1960年生まれの人である。
    何故「愛と恍惚」の中国なのかがわからないが、
    カメラマンは、いつも取材許可を取らなくてはいけない。
    それを取ったからといって、きちんと取材できるわけではない。

    中国は、報道をきちんとコントロールしようとしている。
    戦争被害者の民間訴訟の件についても、
    何故民間訴訟を公安がおさえようとするのかがわからない。

    この坂というカメラマンは、「お人好し」である。
    そのお人好しは、日本人の特徴かもしれない。

    何故お金を払うのかわからないものに、お金を払う。
    そこで、いろんなものに巻き込まれていく。
    不思議でしょうがない。
    単なる日本人は、バカなだけかもしれない。

    中国人が、自分を守ること、他人を信じないことが、
    唯一の特徴としたら、そのことは、
    やはり、日本人にはないことであろう。
    これを基準にして、実にすべてのものが解決されていく。

    まさに、中国は、個人が集まって、
    13億の民をつくり、国をつくっている。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする