テロリストのパラソル (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (402)
  • (476)
  • (573)
  • (51)
  • (11)
本棚登録 : 3346
感想 : 432
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062638173

作品紹介・あらすじ

アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し二十年以上もひっそり暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た真実とは…。史上初の第41回江戸川乱歩賞・第114回直木賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • H31.1.23 読了。

    ・江戸川乱歩賞と直木賞のW受賞作ということもあって、いやあ、面白かった。時代背景が昭和ってだけで、心トキメクのはなぜだろう。

  • 今読んでも十分面白い。
    主人公の島村さんのキャラも他の登場人物も違和感なく、ただ自分の信念に従って。
    思った事を通す力と行動力がテンポ良く描かれている。
    それぞれ筋が通っているのは、読んでいて気持ち良い。

    色々な雑学が学べる。引き出しの多さに感服。よく調べてあるなぁと思った。
    あらゆる可能性を考えて行動する、登場人物の頭の回転の速さに、さすがだなぁと感心。
    ただ、揃いも揃ってここまで皆頭良くないよ…?
    でも、自分の事と恋心は、さすがに察しがわるいのが、また魅力的なアル中バーテンダー島村さん。

    途中で、犯人?大体気づくのだが、最後の対峙、対決の持っていき方も良いなと思う。

  • 作者の藤原氏は一昨日の5/17が命日だった。そうとは知らずに30年近く積読状態だった本書を読んでいた。

    この作品は乱歩賞、直木賞初のダブル受賞作品という事でかなり話題になってた記憶があるが、割合寡作な作家ということも相俟って、その後はそれに見合う作品には恵まれなかったとも思う。

    ミステリーとしては、割合早い段階で筋書きが読めるので弱いと思うが、なんといっても主人公の人物造形が良く、物語の展開もスピーディで気がついたらページターナーになっていた。

    純粋ゆえにアル中になったと思われる主人公島村とその対局にいる桑野。20年の時を超え島村の前に意外な形で現れ、過去の清算に動き出す。

    ある意味全共闘世代の挽歌のようにも読めるが、島村は「私たちは世代で生きてきたんじゃない。個人で生きてきたんだ」と力強く言う。私はこの発言、感覚に強く惹かれる。この人としての自覚、矜持がこの物語を支えている力だと思う。


  • 主要な登場人物の三人が東大生であるのは、著者自身が東大卒ならばこそ、当然の成り行きと納得しました。 彫りの深い人物描写、冷徹と温情が交差する含蓄ある会話が織り成す物語は、読む者を引きずり込んで止まない、骨のある優れた作品です。

  • 現在も現れていない江戸川乱歩賞と直木賞の同時受賞作品。藤原伊織節全開ながら幻の作品とも言われる純文学に寄せたような書きぶりはデビュー作を思わせない。ただエンタメとしても流石に一級品でアル中の主人公が偶然にも居合わせた公園で爆破テロ?が発生する。過去のしがらみから容疑を疑われる主人公だが、爆発でなくなった人の中にかつての恋人や友人が含まれていたため逆に事件を調べていく。クールだがどこか抜けたような洒落た会話文と大きな謎に迫っていくミステリ感。さらには過去の虚構が混じり合って面白い。ラストは物悲しいが落としどころとしてはここしかなかったのだろう。

  • タイトルからそのように思ってましたが、ハードボイルドでした。
    以外な犯人にしろ、辿り着くまで全くわかりませんでした。
    主人公に惹かれる女性が無事で良かったです。


    ある土曜の朝、アル中のバーテン・島村は、新宿の公園で一日の最初のウイスキーを口にしていた。その時、公園に爆音が響き渡り、爆弾テロ事件が発生。死傷者五十人以上。島村は現場から逃げ出すが、指紋の付いたウイスキー瓶を残してしまう。テロの犠牲者の中には、二十二年も音信不通の大学時代の友人が含まれていた。島村は容疑者として追われながらも、事件の真相に迫ろうとする――。小説史上に燦然と輝く、唯一の乱歩賞&直木賞ダブル受賞作!

  • 今度も昔々に読んだ本をまた読んでみる。
    2006年に読んでいると思うのだけど、「シリウスの道」の感想にこの本のことを『まあまあ面白かった』と書いてあり、私にとってここから藤原伊織が始まった割に『まあまあ』だとは、我ながらどんな評価だと突っ込みたくなった。

    再読してみれば、話の筋がちょっと複雑で最後の最後になるまで話の糸口が見つけられないところに、悪い頭が『まあまあ』と評した訳もなんとなく分からなくもないが、この本では謎解きよりも文章文体や物語全体の雰囲気に浸れることが大事だな。
    昭和の残像が色濃く残り今では時代遅れとも見える生き方だが腕っぷしも強く記憶力も知性も備えて世の中をタフに生き抜く主人公、それに絡む外道になりきれない元警官のやくざ、昔の彼女のはねっ返りの娘、といった登場人物の造形がいい。
    ちょっとしか出ないが幼いバイオリニストさんや捜査一課長も存在感があり、ホームレスの描き方も巧み。
    《世界の悪意》に対し自分たちの力でも何かが出来ると思っていた時代が背景にあるのが、世の中に対しツイートすること以外は何もやらない出来ない今の時代にあって、物語が書かれた頃以上に登場人物を際立たせたように思える。
    亡くなった昔の彼女が遺した短歌『殺むるときもかくなすらむかテロリスト蒼きパラソルくるくる回すよ』には、買ったばかりの日傘をクルクル回しながら五番街を歩く姿が鮮やかに目に浮かび、そこにいなかった主人公も含めた3人のそれぞれの人生に思いを馳せさせられる余情あり。

  • 乱歩賞&直木賞W受賞作品!
    ハードボイルド&ミステリーで楽しめました。

    作中の登場人物たちが面白い
    主人公はアル中のバーテンダーで昔ボクサー。そのパートナーになるのが元警官のやくざ。そして、昔の恋人の娘。微妙な距離感と台詞回しが心地よいです。
    さらに主人公は全共闘時代を戦った団塊世代。
    そんな主人公が世代の宿命についてはく台詞が、
    「私たちは世代で生きてきたんじゃない。個人で生きてきたんだ」
    主人公の生き様が現れています。

    ストーリーとしては、白昼に起きた新宿中央公園の爆弾テロ。これに偶然巻き込まれてしまった主人公が犯人を捜しだす物語。爆弾テロには全共闘時代の友人や昔の恋人、警察官僚が犠牲となり、テロの対象者が誰なのか?がひとつの謎になります。容疑者として警察からも追われながら、やくざと昔の恋人の娘の協力を得ながら、事件の真相を突き止めていく。その中でさまざまな真実が明らかになっていくといった物語です。

    謎解きを楽しむ物語ではなく、人間模様、ヒューマンドラマを楽しめる物語。とりわけ主人公の人間性は面白い。

    お勧め

  • アル中バーテンダーの島村が、新宿中央公園の爆弾テロの真相を追う物語。
    事件現場にいただけ、いわば傍観者の立場から事件を追う者に変わっていく……。
    作中の何気ない会話や描写が、伏線になっており徐々に真相が明らかになるミステリー要素とハードボイルドな描写が上手い具合にハマっていく一作。

  • 文章がしっかりしていて読みやすかったし、面白かった。登場人物も、ものすごく現実っぽい。

全432件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年大阪府生まれ。東京大学仏文科卒。85年「ダックスフントのワープ」ですばる文学賞を受賞。95年「テロリストのパラソル」で江戸川乱歩賞、同作品で翌年直木賞を受賞。洗練されたハードボイルドの書き手として多くの読者を惹きつけた。2007年5月17日逝去。

「2023年 『ダナエ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤原伊織の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×