孟嘗君(3) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (104)
  • (69)
  • (88)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 564
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062638647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 孫臏と龐涓が中心となって話が進むが、成長した田文が徐々に才覚の片鱗を見せ始める。千人いたと言われる孟嘗君の食客はこの辺りから始まっていたのだろうか。

  • 盛り上がってきました。

  • 田文を孫臏に託し周に旅立つ白圭。
    そして田文はついに実父・田嬰と対面。師・孫臏に導かれその才覚を伸ばしていく。個性豊かな食客たちが若き田文の人柄と知性に惹かれ彼の元に集い活躍する様子は、養父・白圭と重なる爽快さがある。
    三巻で一番の見所は孫臏の兵法が冴え渡る「馬陵の戦い」。
    大局を俯瞰する視野の広さ、因縁のライバル・龐涓の心理まで読みきった戦術。
    ラストの決着シーンはシビれるほどの鮮やかさ。

  • 白圭、田文を主人公にした長編小説で長さを感じさせない面白さ。
    基本的に主人公は清らかな心の持ち主で、勧善懲悪の要素も少なからずあるので読んでいて悪い気分にならない。

  •  流し読み、100ページ残して断念、退屈であった。4巻5巻も手元にあるが読む予定なし

  • レビューは最終巻にて。

  • 第3巻、ようやく白圭の話から、田文の活躍に焦点が置かれます。

  • やっと主人公田文が活躍し始める。 ただこの巻の主人公は孫子。田文周りの登場人物が光る。次に行きます。

  • ※感想は1巻にまとめて書きます。

  • 1巻目からの風洪/白圭編がついに終わり、孫ピン編といった感じの3巻目。

    おもしろくてどんどん読んでしまう。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ)
1945年、愛知県蒲郡市生れ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。1991年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞、1994年『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2000年『楽毅』で司馬遼太郎賞、2001年『子産』で吉川英治文学賞、2004年菊池寛賞をそれぞれ受賞。同年『宮城谷昌光全集』全21巻(文藝春秋)が完結した。
2006年、紫綬褒章受章。2016年、第57回毎日芸術賞受賞、及び旭日小綬章受章。他の著書に『奇貨居くべし』『三国志』『呉越春秋 湖底の城』など多数。また『風は山河より』など日本の歴史に題材をとった作品もある。

孟嘗君(3) (講談社文庫)のその他の作品

孟嘗君(3) 単行本 孟嘗君(3) 宮城谷昌光
孟嘗君(3) (講談社文庫) Kindle版 孟嘗君(3) (講談社文庫) 宮城谷昌光

宮城谷昌光の作品

孟嘗君(3) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする