新地橋 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (2)
  • (17)
  • (19)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 127
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062638821

作品紹介・あらすじ

江戸・深川澪(みお)通りの木戸番小屋に住まう夫婦、笑兵衛とお捨。そこには、人々の悲しみ、愁いを癒してくれる灯がある。訪れる人の心の奥を、そっと照らしてくれる。労り、助け合う市井の人情。人の世の機微を穿(うが)った逸品揃い。思わず挫けそうな、いつの間にか冷めかけた心を優しく温めてくれる珠玉の時代小説集。(講談社文庫)


江戸・深川澪(みお)通りの木戸番小屋に住まう夫婦、笑兵衛とお捨。そこには、人々の悲しみ、愁いを癒してくれる灯がある。訪れる人の心の奥を、そっと照らしてくれる。労り、助け合う市井の人情。人の世の機微を穿(うが)った逸品揃い。思わず挫けそうな、いつの間にか冷めかけた心を優しく温めてくれる珠玉の時代小説集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 木戸番小屋の夫婦お捨と笑兵衛。澪通りの長屋の住人たちの人生に寄り添う。二人にあった人の人生にいつも消えない燈になる。

  • 深川澪通りシリーズの3作目。
    町に住む人々の悩みを、笑次郎・お捨夫婦は、温かく聴き、見守り、時には喜怒哀楽を共にしてくれるが、二人がするのはただそれだけ。一緒に解決してくれるとか、謎を解いてくれるとか犯人探しとか、そういうミステリー的な要素が前の作品に比べて減っている。

    それが味わいになっていていいんだよなぁ。お手軽にハッピーエンドにしないことで、なんとも深い味わいの余韻が沸く。生きてきたら穴に落ちたことも壁に当たったこともあるだろう。そういう経験があれば、見守ってくれるだけ、飯を食わせてくれるだけの木戸番夫婦のありがたみが、読んでるだけでジワーっと心に沁みる。

    これからは、弱ってる人、困ってる人がいたら、酒じゃなく飯を食わせよう。
    俺自身も弱ったり、困ったりしたら、まずは飯食って寝るようにしよう。

  • 切ない話ばかり。お金があっても寂しさからは逃れられず。 一度裏切られると他人への不信感がいつまでもまとわりつく。まったく現代にもありそうなお話、身近にいそうな人物ばかり。ひねくれた人にも優しい声をかける夫婦はじんわりゆっくり凍った心を溶かしていくにちがいない。そういう予感を残しつつエピソードを終わるのが常套のようです。でも今回は夫婦の出番がちょっと少なかったような気がします。

  • 江戸・深川澪通りの木戸番小屋に住まう夫婦、笑兵衛とお捨。そこには、人々の悲しみ、愁いを癒してくれる灯がある。訪れる人の心の奥を、そっと照らしてくれる。労り、助け合う市井の人情。人の世の機微を穿った逸品揃い。思わず挫けそうな、いつの間にか冷めかけた心を優しく温めてくれる珠玉の時代小説集。
    (1995年)
    — 目次 —
    新地橋
    うまい酒
    深川育ち
    鬼の霍乱
    親思い
    十八年

  • 20130529 どうにもならない人間の思いに振り回される。木戸番小屋の夫婦は拠りどころなのだと思う。

  • 再読了。

  • 落ち着いた環境で久々に読んだ本だが、これは???ってな感じ。
    人情ものという割に機微が細やかに描かれていないと感じるし、連作のようでいて何らその機能を果たしていないと思われる。
    要するにこれは低い評価にならざるを得ない。

  • 3 深川澪通り木戸番小屋
    ひさびさに殺しの伴わないのに退屈しない、好みな江戸モノに出会えたと思ったくらい、愁いが漂ったなんともいえない雰囲気。
    鬼の撹乱 お捨が寝込む

  • 8/31/10図書館


  • うーん
    いい雰囲気醸してますね〜

    日本茶がよく似合う本。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『化土記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北原亞以子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇江佐 真理
宮部みゆき
宮部みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×