文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (1749)
  • (1725)
  • (2491)
  • (109)
  • (27)
本棚登録 : 12119
レビュー : 1521
  • Amazon.co.jp ・本 (630ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062638876

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「うぶめのなつ」と読む。

    うぶめは産女とも書き、人に害をなす妊婦の妖怪であったり、中国の伝承(姑獲鳥=こかくちょう)と結びついて人間、なかんづく幼児の命を奪う化け物であったりする・・・。

    とかなんとかも含め、「脳と心のせめぎ合いから宗教や幽霊妖怪の類いが生まれる」といった、激しく理屈っぽいというか余りにも衒学的というかなコンニャク問答から始まっていて、大いに困惑する。え、これって普通の(?)怪異譚、伝奇小説じゃないの? 夏のひととき、ちょっとゾっとしてみようかと思ったのにぃ・・・って感じ。

    とても読み通せないかと思ったが、まあなんだかんだ読了。(京極夏彦氏一流の「サイコロ文庫」で、一冊600ページくらいあるが)リズムに乗ったらまずまず面白く最後まで読めた。

    探偵が出て来たり、謎解きが筋であったり、ミステリーではあるんだけど、やはり前後のうんちくが主眼というかキモになっている。超常チックな設定もあるが(探偵の能力とか)、総じて怪異に合理的説明がつく内容になっていてコクがある。

    読後によく調べてみたら、京極夏彦氏のデビュー作だった。

    ページごとにパラグラフが終わっている(見開きの終わりは必ず「。」になっている)のも特徴とか。

  • 夢野久作や皆川博子が好きな私としては、どこかで聞いたような話・・・という印象を覚えてしまう。
    多分そのどこかで聞いたような話を越えようとしての衝撃の結末なのかなぁという。
    ただ、その後も全部きれいに説明をつけようとしているところがなんだか白けてしまった。
    ミステリにも幻想小説にもどちらにもなりきれてない印象。
    とはいえ、あれだけの長編小説を最後まで読み切ってしまったということは面白かったということだとは思う。
    好みの問題もあると思う。私はもう少しぼかしてある話のほうが好き。

  • ミステリーなのかなぁという先入観で読み始めたら、ちょっと違う雰囲気でした。
    ファンタジーとも違う…どちらかというと、SFに近い感覚(世界の理を定義するという意味で)を覚えました。
    しかしとにかく読みづらい。文体も相まって、とにかく読みづらい。
    漢字に強くて良かったーと思いながら読んだ本は久しぶりでした。
    榎さんの存在によるものなのかそれ以外の意図なのかは分かりませんが、五感のうち極端に視覚からの情報量が少なく感じられたような気がします。
    触覚、嗅覚、聴覚の表現は(割合的に少ない、地の文の中では)割合描かれている気もするのですが、視覚からの情報が少なくてもやもやしました。
    なんというか、論理的に(と言っていいのかは分からない)描かれている作風のせいか、映像が目に浮かびにくいと感じたのは私だけでしょうか。
    とはいえその論理的な描き方が好きな人はとことんハマってしまうんだろうなぁという印象。
    予想以上に癖の強い作品でした。

  • 化物語を民俗学の方向に本格的にした感じの作品。
    ちょっと突拍子もない感じを受けた。

  • あの結末でブチ壊し。見えないわけないだろ? それまでは☆5だったんだけどね。

  • うーん、なんかいまひとつなじめなかったような記憶が…。本当は好きなジャンルなんだろうけど、いかんせん長かったのと、劇画チックというか漫画チックというか、そいういった過剰な演出になじめなかったような気がする。

  • キャラクターが魅力的です。

    歩いているとなぜか目眩を起こす不可思議な「眩暈坂」を、京極堂の奥さんがあっさりと科学的?に説明してしまうところが好き。
    今市子の『百鬼夜行抄』のお母さんもそうだけど、京極堂タイプの男性にはカラッとした女性が似合う。

  • 長い、、

  • 喋るパート長すぎで辛かった。最初の40ページはひたすら怪異とは何かを脳と心の関係からまとめた大演説。事件の種明かしには何と100ページかかった。とにかく話の脱線が多いのと、聞いてる人々がいちいち「そんなはずはない!」「そんなのひどい!」「そんなの失礼だ!」と合いの手を入れてくるからだ。

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする