感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中島らも氏が亡くなった時になんとなく買ったこの古本。めちゃくちゃ楽しんでます。何回も。自宅トイレで。

    目当ての中島らもの短編はあんまりでした。桐野夏生も東野圭吾も、あぁ雑誌に寄稿してたのねぐらいの小品。

    このご時世で読んでみるとほんとこの人頭いいなと思うのが嵐山光三郎の「おかね座談会」。虚構だとしても福沢諭吉と夏目漱石と北里柴三郎の罵詈雑言、聞いてみたいでしょ?

    小説的には高橋直樹の「死ぬのはごめんだ」、中村隆資の「獲物」が好きですね。「獲物」はね、平山夢明の「DINER」好きな人とか、ゴールデンカムイの読者には是非読んでほしい。短編が短編のメリットを存分に発揮した快作。

    最近、エッセイを読み直してる関川夏央の「長谷川辰之助の暇乞い」、この人、上手いのね。

    そしてそして、「シリウスの道」でどうしてもしりすぼみ感を禁じ得ない藤原伊織先生。原尞の100倍日本人的ハードボイルド傑作「テロリストのパラソル」の著者である彼が書いた短編。

    『トマト』

    政治家秘書を勤める青年が、銀座で人魚に逆ナンされる。要約するとそんな短い話。

    しかし・・・なんだ、この瑞々しさと絶望の完璧な両立は!

    働く若手に是非読んでほしい。美しい絶望ってあるんだよ。

  • らもさんの読みたくて借りて来たんだけどおもしろかったー。

    中島らもさん
    ココナッツクラッシュ

    山崎洋子さん
    ねずみ

    嵐山光三郎さん
    お金座談会

    小沢章友さん
    死の天使

    今野敏さん
    推理小説家の午後

  • 『だめな短編集の見本』
    読んでいて楽しくない。

  • 作家30人が行間に込めた人生の瞬間が、深い感動を呼ぶ魅惑の超短編小説集。
    悍妻懦夫(高橋義夫)、花火(高橋克彦)、生きている山田(太田忠司)の3編に好感を持ちました。

  • テーマ(タイトル)に沿った作品の方が少なく、短編集としてのまとまりが感じられなかった。その中で、「相合傘」は副題通り心に残る作品だった。容易には手に入らない何かを慕ったり、それを手に入れたときの幸せな時間を想像してみたり、でも手に入れてしまうと途端に色褪せて見えたり。手に入らないことの切なさ、そっと寄り添うだけで得られる幸せ。人間って何て単純で複雑な生き物なんだろう。

  • 桐野夏生、東野圭吾など、有名所が勢ぞろい。計30名もの作家がギュッと書くので、読んでいくのに些か疲れた。しかしそれぞれ個性がキラリ。作家たちの「輝きの一瞬」も見ることができました。

  • 気に入った作品がミステリばっかりで吹いた。

  •  ほんとうに短い話ばかりなので、違和感やら、ぞわぞわとするいやな感じをうまく出したところで話が終わる。
     これらをまとめている編集者もすごいんだろうなー。

     個人的に好きな作品。

     ・ココナッツ・クラッシュ/中島らも
     ・ねずみ/山崎洋子
     ・探偵ごっこ/落合恵子
     ・サドルは謳う/山上龍彦
     ・推理小説家の午後/今野敏
     ・山月忌/篠田節子
     ・生きている山田/太田忠志

  • 「橘の宿」加納朋子 (『沙羅は和子の名を呼ぶ』に収録)

  • 短編集だとついうっかり読むペースが遅くなってしまいます。

    子供の頃、夢中で読んだ星新一のことを思い出しながら読んでいました。

    中島らも、藤原伊織、山崎洋子、山上龍彦は個人的ベストてす。
    東野圭吾が期待しすぎたせいか、いまいちだったのが残念。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年兵庫県生まれ。大阪芸術大学放送学科卒。92年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞、94年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞を受賞。
主な著書に、『明るい悩み相談室』シリーズ、『人体模型の夜』『白いメリーさん』など。2006年7月に短編集『君はフィクション』を刊行。2004年7月逝去。

「2014年 『ロカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島らもの作品

輝きの一瞬 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする