冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

著者 : 森博嗣
  • 講談社 (1999年3月12日発売)
3.40
  • (325)
  • (893)
  • (2051)
  • (141)
  • (18)
  • 本棚登録 :7593
  • レビュー :719
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645607

作品紹介・あらすじ

同僚の誘いで低温度実験室を訪ねた犀川助教授とお嬢様学生の西之園萌絵。だがその夜、衆人環視かつ密室状態の実験室の中で、男女二名の大学院生が死体となって発見された。被害者は、そして犯人は、どうやって中に入ったのか!?人気の師弟コンビが事件を推理し真相に迫るが…。究極の森ミステリィ第2弾。

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一作目が予想以上に面白かったので、続けて読んでしまいました。
    ドラマではこれが1話だったのですね。

    前作に引き続き、密室殺人です。
    これは密室殺人シリーズなのでしょうか‥?
    前作の舞台となった研究棟は頭の中で想像できたので、理解しながら読み進められましたが、今作は見取図がついているにも関わらず、想像の難しい建物でした。
    ほぼよくわからないまま読み進めたように思います。
    (見取図に記載されている「床レベル」ってなんだよ…)
    つくりがよくわからないことが純粋に楽しむことの妨げになっていたように思いますが、この部屋は中からしか開けられないとか、シャッターは人の目があるから出られない、とか位置関係を無視して考えると理解が進みました。

    前作でも思いましたが、犀川の頭が冴え出してから答えを教えてくれるまで、その説明の過程はちょっともったいぶりすぎというか引っ張るなあと思いました。
    説明も思わせぶりというか、いいから早く結論を!とじれったくなった部分がありました。
    これは犀川というよりは作者の性格?でしょうか。

    密室のトリックは面白かったです。殺人を行うための手順もなるほど、と思いました。
    それに比べ動機がちょっと軽いかもしれないですね。
    もっと木熊教授の自己犠牲による(歪んだ?)親子愛が強調されていると狂気があって私好みでした。
    この辺は登場人物が理系というところも関係しているのかもですね(理系=人及びその感情に興味がないというわたしの偏見です)

    実験室に閉じ込められた萌絵がPCを立ち上げ、暖をとりつつ、助けを求めるというシーンが好きです。
    助けを求めるのはともかく、暖をとるというのがわたしには全く思いつかなかったので、ははあ、頭がキレるというはこういうことか…と感心しました。
    わたしにとっては萌絵というキャラクターを表す重要なエピソードなので、ドラマでは確かこのシーンがなかったのが惜しいです。
    (犀川が神通力で助けにきた‥みたいになっていたような)

    他の小説や映画などでもありますが、犯人の一人称(とそれに近いもの)で観客を導くのはどうかと思います。
    "推理"小説と銘打っているのに、そのようにいくらでも隠したい部分を隠せる演出をしてしまうと、観客が"推理"できないですよね。
    そうする以外に技術がなかったのかしら‥?とも思えます。
    この小説だと、それまで犀川と萌絵の描写だったのが、突然市ノ瀬の描写になったところがヒントだったのかもしれませんが(確かにおや?と思いました。)

    前作ではフロッピーが登場して、おお、懐かしいと思ったのですが、今作ではカセットテープも出てきたではありませんか!
    shikaのメールを読むところ、95年とあって時代を感じました。

  • シリーズ2巻目。犀川先生と、もえちゃんのコンビにますますはまっちゃった。

  • "学問の虚しさを知ることが、学問の第一歩"
    これは学生時代に読みたかった…

  • 2つの密室に2人の死体。本来はS&Mシリーズの1作目なこともあってか、割とオーソドックス。真相に肉薄できそうで、させてくれない森ミステリィ。動機については、珍しく真面目な考察が書かれている。西澤保彦の解説まで読んで欲しい。

  • 【ゆるいミステリー】
    小説です。
    Fほどのスピード感はありませんが、これが本当の第一作目と思うと感慨深いです。

  • 10年ぶりに読みました。
    10年経つと忘れてるものだなぁ。ミステリィというジャンルは一回読めば十分、と思ってたけど。
    たとえば、国枝先生はこの時結婚したのか!とか。あれ、萌絵って漫研も入ってたっけ?とか。

    あと、犀川先生が若いと感じた(笑)

    Gシリーズあたりから森さんの文体とストーリィの趣向が変わって違和感を感じたものだけど、今はS&Mシリーズの説明多い文に違和感感じるなぁ。でも軸はブレてないんだよ。そして、冒頭が会議嫌いな話から入っているところは、Wシリーズのハギリ博士と一緒だ(笑)

  • ちゃんと初めの見取り図と見比べながら読み進めないと、部屋の構造が非常に想像しにくい作品。
    トリックはわかりやすく、納得。
    正直、トリックうんぬんより、文体やセリフ回し、散りばめられた専門知識などがとても楽しい。
    展開も引き込まれます。探偵役が狙われるのは普通なのに、このお嬢様には先生がついてるし何もないと思い込んでました。

    部屋の構造をわりとぼんやりにしたまま読み進めたので、密室を暴けませんでしたが、見取り図を見つつ犯人になったつもりで考えれば、暴けたのかもしれません。
    解けてスッキリをあじわうもよし、犀川先生に講義してもらってスッキリするもよし。

  • 10数年ぶりの森博嗣読み直し2冊目。

    ストーリーも犯人も全く覚えてなかった。
    推理小説として楽しめると感じた。

    この本をきっかけとして
    メールでは自分の苗字で第一人称を名乗る、
    ということを実行してた時期がある。
    それを思い出し、とても懐かしい気持ちになった。

    また、犀川=煙草+コーヒー
    という印象(記憶)が強かったが、
    コーラを多く飲んでいることも意外だった。
    また、犀川と萌絵の関係も、
    私の記憶よりずっと早い段階で近づいていると感じた。

    そう、S&Mシリーズは、
    こういう楽しみ方もできるのです(笑)

  • S&Mシリーズの第2弾。
    実は本作が初作になるらしい。
    言われてみれば第1弾で実は4作目だった「すべてがFになる」に比べて
    内容が柔らかいというか、ミステリ初心者にも優しい感じ?
    衆人環視の中での殺人事件。犯人は?動機は?トリックは?って感じで
    サスペンス的な流れもあったりして、最後の方で一気に解決に向かうんだけど
    おかげさまで楽しめました。
    いつものごとく推理なんて出来るはずもなく、見取り図を
    何度も見ながら読み進めましたよ(^◇^;)

  • 自分で解けてはいないので大きいことは言えないが、壮大なトリックがあるかと思ったら意外と普通なネタでした。
    Fがとんでも過ぎたからギャップが。
    動機も一般的なそれで。
    ちょっと疲れました。

    再読
    前回読んだ時よりも面白く感じたかもしれない。
    ただ、動機部分が弱いかなぁという印象。

全719件中 1 - 10件を表示

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)に関連する談話室の質問

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする