密やかな結晶 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (295)
  • (294)
  • (401)
  • (25)
  • (7)
本棚登録 : 2381
レビュー : 319
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645690

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小川洋子の作品はいつもしんとしている。
    そしてどこか恐ろしさを感じさせる。
    一つひとつ物が消えてゆき、それに伴う記憶も消滅する島。
    島の住人達は逆らうことなく記憶を手放していく。
    そんな中でも、記憶を消し去ることのできない人たちがいて、
    彼らは秘密警察の記憶狩りに執拗に追われ続け、
    島を脱出しようとしたり、協力者の手でかくまわれたりしている。
    主人公の小説家は記憶を手放す島民だが、記憶を消すことの
    できない担当者のR氏を自宅にかくまう。
    「アンネの日記」で言えば、アンネをかくまったミープ・ヒースの
    立場で物語は進行していく。
    本当にナチスのユダヤ人狩りをほうふつとさせる怖さ。
    島中の本が燃やされる描写はいつか映画で見たドイツ国会議事堂の
    放火事件を思い出した。
    物語は消えて行くことに対して多くの人は抵抗しない。
    むしろ記憶が消えないことが理解できない。
    そして物が消え、肉体が一つまた一つ消えて、
    島の多くの人たちが消滅した時に、匿われていた人たちが
    島の新しい歴史と記憶を作って行くのか。
    怖い話だなぁと思った。

  • 丁寧な言葉でたんたんと進む物語が心地よかった。他の小川洋子さんの小説も読んでみたい。

  • 消滅していく世界
    記憶の消滅 心の消滅

    人はなにを鎹にして生きていくのか

    それでも、R氏という存在が大きい

    消滅からひた隠すR氏の存在はやがて、無くされていくものを
    大事に忘れないようにするための存在となった。
    だれかが、大切な誰かが「覚えていてくれること」が
    こんなに心をあたためるんだなとおもった。
    読むではなく、感じるようなこの作品に、心から涙を流すことができた気がした。

  • 様々なものが、前触れも理由もなく消えてゆく島に暮らす人々の物語。

    あらゆるものの消滅は、物理的にではなく、人々の記憶の中で起きるため、その消滅を体験できずにいつまでも記憶をとどめてしまう特異な人たちは、秘密警察による記憶狩りにあってしまいます。

    記憶を失い続ける少女が、その冷酷無慈悲な秘密警察から大切な人を守るために、おじいさん(すごく素敵なおじいさんです!)と一緒に尽力するお話です。

    といってもサスペンスのようなハラハラドキドキの物語ではなく、とても静かで、美しい物語でした。
    しんしんと静かに、けれど確実に積もり重なり、一晩で景色を一変させてしまう、白く冷たい雪のような印象がありました。

    作中で雪が降っていたせいもあるかもしれません。。。

    でも本当に、とても丁寧な文章で、ひとつひとつの言葉や比喩は、どれを取っても美しく、いつまでも読んでいたかったです。
    「衰弱死した鉄のミイラ」、だとか。

    作品内で少女が書く小説も、これだけで別の1冊の本が出来るんじゃないかと思うくらいに素敵でした。

    この作品も、作品内の小説も、(小川洋子さんの他の作品もそうかもしれませんが)ひんやりとして静かな、あまり広くない世界で、残酷とも思える異常な状況や愛情を、少女たちは甘受してゆくわけですが、その様はうっとりするほど美しく、引き込まれます。

    人々の記憶から消え、物理的にも葬られ、無かったことになれたら、とても素敵だろうな、と、少しうらやましくなりました。

  • 淋しい小説。少しずつ自分の周りから存在が消え失せても受け入れる主人公と、存在を無くさない男は決して交わらない存在なのに、主人公は男に惹かれてむしろ存在を無くさないよう一緒に現実と立ち向かう。溶けてく氷が炎と手を取り合って形を留めようとしているようです。

  • もう何十回読み返したかわからない。個人的に、奇跡の一冊。私は、この本を同じ感性で読んだ人と結婚したい。わりと本気で。

  • 小川さんの本、最近読んでいるけど、この人の本はなんだかぼんやりしている。
    最後まで明かされない謎みたい。
    なぜものがどんどん消えてしまうのか、とか。
    R氏を匿うために隠し部屋を作るとこ、秘密警察がきてドキドキするとこがよかった。

  • 静かなお話だけれど、
    どきどきしながらページをめくりました。

  • もの、というか固有名詞のチョイス、羅列、そしてそれの形容が美しい。

  • 心の中に住んでいるものが一つ一つ『消滅』していく島。「オルゴール」「鳥」「写真」「暦」「右足」…朝目覚めると何かが消滅し、その度に人々は心の空洞を埋めようとする。記憶狩りに怯えながらも、この島の運命は「滅び」しかないのだ。


    人は知らない間に何かを失っているが、それは決してその物が消えたのではなく「心から消滅した」だけで。その「何か」を失わない者は迫害される。

    その反面、何か大切なものを永遠に独占したくって、閉じ込めて何もかも奪ってしまいたくて。ただその感情は驚く程幼くて気まぐれで…

    そんな矛盾した世界(だが現実にあるであろう世界)を、小川洋子さんの物凄く透明で優しい言葉で描いている一冊。
    読み終わった後もずっと余韻に浸ってしまう。

全319件中 101 - 110件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

密やかな結晶 (講談社文庫)のその他の作品

密やかな結晶 単行本 密やかな結晶 小川洋子

小川洋子の作品

ツイートする