どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (680)
  • (1806)
  • (2894)
  • (443)
  • (72)
本棚登録 : 15817
レビュー : 1438
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645751

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • え、どっちが犯人?
    あんなにワクワクして読み進めていて、最後まさか犯人を教えてくれずに終わるとは思ってもみませんでした。佃と佳代子の供述も二転三転するし、途中からもうわけわかんないってなってた私には大ダメージでした。
    袋とじの解説を読んで犯人はおおよそ見当がつきましたが、もう一回第6章は読み直してみようかなと思っています。

  • 最後まで犯人が分からず。
    薬を破ったのがどちらだったのかが決め手なのは分かりましたが、最終的にネットで答えを得ました。
    心情的な部分だけ考えると殺したのは親友だと思っていたので意外な結末でした。動機が強いのは親友のほうですし、彼氏は被害者の手紙を読んだのに何故殺したのか?という疑問も残ります。
    しかし様々な意味で2人は共犯なのか。略奪愛のうえ最後は被害者を殺してしまった2人が互いに庇いあう姿は不快でした。

  • 最後の最後まで犯人が分からない。最初から2人に絞られているのだが、読んでいくとどちらも犯人になり得る事がわかり、その可能性が揺れていく。いいように作者に翻弄させられる。
    しかし嘘を塗り固める犯人に嫌気がさす。

  • 犯人が最後まで分からないことは読む前から知っていたが最後まで楽しんで読めた。読み終わって調べてどうして犯人があの人なのか根拠が分かったが、利き手どうのこうので推理しなくても、最後の「犯人が絶叫した。犯人でないほうも悲鳴をあげた。」でなんとなく分かってしまう、、。しかしここの部分は勢いがあって読んでいてドキドキして楽しかった。

  • ラストでも犯人を語らない手法は賛否両論かと思いますが、加賀と康正の推理合戦は読みごたえあり。

  • どちらが、ではなく、どちらかが、なわけね。なるほど。
    殺すという結果にならぬよう、とっととその場を立ち去ればいいのに。こんなことで人生を終わりにしてしまうってアホらしい。

  • 久しぶりに最後までしっかり
    読む事ができましたね。
    まぁ、犯人はどちらか
    と前提になってるので
    どう展開していくのか
    興味本意で読み進められました。

    加賀さんが出てきたのも
    読み進められた要因かもしれませんね。
    次回作に期待です。

  • 殺したのは男か女か
    自殺の偽装を施され、妹は殺された。
    警察官である兄が割り出した容疑者は二人。
    犯人は妹の親友か、かつての恋人か。

    最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。

  • 東野圭吾さんがまだ売れてなかった頃の加賀恭一郎シリーズ「どちらかが彼女を殺した」
    連絡がつかない妹を警察官の兄が自宅マンションに訪ねると死亡していた。
    自殺偽造を疑ってい探っていくと、付き合っていた御曹司の彼と、彼女から彼を奪った親友のいずれかの犯行に絞られる。
    なんと犯人あては読者に委ねられますので是非チャレンジしては

  • 自分にとって、ミステリー小説の中では、初めて最後まで犯人が分からないということで、覚えています。ただし、いろんなヒントを提示していくので、わかるかもしれません。自分なりに犯人を捜させる手法は初めてで、とても面白かったです。文章も読みやすく、何回も読みたくなる作品です。
    登場人物はそんなにいません。事件自体は普通で、大規模になるわけではありませんが、推理小説として、大いに楽しめました。

    昔とは違い、今は何でも検索すれば、ネタバレしているサイトが多数ありますので、もし読んだ後に犯人が分からなかったという方、自分の推理に自信がなかった方は、ぜひ他の方を参考にしてみてください。
    下さい。親切な人が丁寧に教えてくれます。

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)のその他の作品

東野圭吾の作品

ツイートする