地下鉄に乗って (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (425)
  • (780)
  • (1215)
  • (124)
  • (16)
本棚登録 : 5085
レビュー : 679
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小沼真次は大企業の御曹司ながら、兄を亡くし、父と仲違いし、ある零細企業に勤務している。

    メトロに乗ることによって、昭和初期から東京オリンピックの間にタイムスリップすることにより、父小沼佐吉の人生を知り、また兄の死の様子を知る。

    また、不倫相手のみちこも同様にタイムスリップし、真相を知る。

    経過結末は面白かった。ただ、最後の場面は強引すぎる結末な気がします。

  • 切ないなぁ。喜怒哀楽のすべてを経験しなきゃならない様に出来てんだ、人生は。喜楽には生きられない。施設に居る100歳のおふくろの人生はどうだったのだろう?会いに行って来るか。自転車に乗って

  • 単純なタイムスリップSFものかと思ったら、なかなかじっくり読ませて頂けた。

    こちらもまた会社の方から何の情報も与えられずお借りした一冊。

    裏表紙の引き込み文章を読んで、自分なりにこんな結末かなぁ?とありきたりの道徳的ストーリーを思い描いたが、物語は思いもよらない方向に向かっていった(笑)
    私の想像力が乏しいのかもしれないが、なるほど
    !そうきたか!と。

    単なるSFではないし、単なる家族物語でもなく、地下鉄にも東京にもまるで縁の無い私がしっかり引き込まれるストーリーだった。

  • 事業家父親の小沼佐吉と次男、真次は確執から母と家を出て生活していた。佐吉の容態がよくない知らせを聞いた頃から地下鉄で戦後へタイムスリップする。長男が亡くなった理由や、アムールとは…愛人みち子との関係、少しずつ明らかにされてくにつれて引き込められ魂が揺さぶられた。

  • とても不思議なお話。
    そしてとても切ないラスト。
    何も考えずに受け入れるように読むことをお勧めします。
    変に勘ぐったりしない方が楽しめる。
    何度も驚き、先が気になって途中から一気に読んでしまった。

  • タイムスリップで父親の人生を見ることで、人間が人生の幸福と不幸の全てによって成り立っているという限界を知り、父親に対する理解が変わる。
    記憶が人を作る。

    同時に、異母妹だった不倫相手は自分を犠牲にして主人公を救う。
    忘却が人を作る。

  • タイムスリップを仕掛けに使った小説や作品には「遥かな町」など傑作が多い。本作にもそれを期待したが、焦点が絞り切れずに終わった感がある。兄との再会か、父との融和がゴールかと思ったら、なんと愛人との別れが待っていた。なぜみち子が死ななければならなかったのか、今も分からない。、

  • 地下鉄は表からは見えない地下空間でそれこそ地上とは隔絶した部分の世界を有している。とりわけ東京の「メトロ」はその立体性も加味してまさに別世界、異世界である。地下空間に一度入り込んでしまうと、出てきたときは別世界、そんなことはまさにありえるかなと。その別世界感と、確執ある父子関係を組み合わせた浅田次郎の地下鉄(メトロ)に乗っては異次元をタイムトリップと組み合わせたところに妙味がある。

    しかもそれが不倫相手とつながっていることを明らかにする旅でもあると、人間ドラマとしては最も濃くなるのである。

    何故人は惹きつけられるのか?なぜ相手をそんなに意識するのか?そこには単に相性がよい、悪いを超えた運命、宿命が存在しており、たまに強烈にそれを突きつけてくるのだ。

    本書からはそんな強いメッセージを感じたりもする。

    しかし、ここまで濃い父子関係を物語の中心に据えた時、地下鉄の物語はその出入口というか異世界への入り口ということでもよかったような。乗れないけど地下鉄が大好き!というのは本当に好きだったのか、ストーリーとして不可欠だったのか?きっと大好きなんだろうと思う。

  • 浅田次郎にハマるきっかけの一冊。難しいイメージがあったのですが、不思議な世界に引き込まれ、あっという間に読破しました。繊細な描写で世界観をリアルに感じられます。

  • 父親に対する確執がある主人公が、地下鉄に乗るとタイムスリップして…というファンタジーだが嘘っぽさや安っぽさは感じない。基本的には偶然に身を任せてるが、その分最後はオチにぐっと持っていく。それが、アクションものでもないのにスピード感を感じる理由だろう。

    過去にタイムスリップをするのでそこに自分の知り合いが出てきたら当然、その人のこの先のことを自分は知っているわけだが、その人が子供だと願掛けのような励ましのような力強い言葉をかけるシーンが必ず出てくる。なんとも勝手だと読んでて思うが、何故かそれに対して大体の子供が素直にありがとう、と答える。そんなバカなと思うが、そんなシーンを大人は望んでいるから、書かれるのだろう。

全679件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

地下鉄に乗って (講談社文庫)のその他の作品

浅田次郎の作品

ツイートする